温室園芸の収支情報新版

2019年10月22日 - コメントを残す



温室園芸の収支情報新版
ワーゲニンゲン大学は3年毎に温室園芸の収支情報を発表しています。
今年の最新版によれば人件費とエネルギー費が上昇し金利が低下しました。ただ面積当たりの生産量が多いため、作物単位当たりのコスト価格は限られた範囲でしか変化していません。
最新版では60の作物について121の収支予算が作成されました。野菜と切り花については4週間ごとにkgまたは1個あたりのコスト価格(天然ガス、電気、CO2、労働費)が計算されています。
鉢物、苗物、コンテナ植物の場合、これらの数値は1000植物体ごとに計算されます。これらの原価計算により、栽培者は自分の商品価格を算出できます。
農家あたりの栽培面積は拡大していますが、切り花の切り花の総面積は縮小しています。
#オランダ #温室園芸コスト価格
ワーゲニンゲン大学 2019年10月22日

WUR.NL
Nieuwe update van KWantitatieve INformatie (KWIN) voor de Glastuinbouw uitgebracht
Drie jaar na de vorige editie, is onlangs een update van KWantitatieve INformatie voor de Glastuinbouw uitgebracht. In KWIN 2019 zijn voor 60 gewassen voor verschillende bedrijfsopzetten 121 saldobegrotingen opgesteld. Voor groenten en snijbloemen is voor iedere vierweekse periode de kostprijs per k…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です