熱併給発電の市場価値

2019年4月30日 - コメントを残す



熱併給発電の市場価値
2019年オランダの熱併給発電の市場価値は再び向上しました。
2020年:Hemweg 石炭発電所は2020年初めに閉鎖されることになり、過剰設備容量はさらに減少しました。ベルギーとフランスで冬季一時的に電力不足に陥る可能性が高くなり、夜間照明と暖房のために稼働する園芸用熱併給発電の電力価格が上昇します。
2022年:ドイツでも褐炭発電は廃止され、過剰設備容量はさらに減少します。夏期は太陽光発電のため電力価格は安価ですが、冬期は上昇するでしょう。自農場照明、暖房用に熱併給発電を稼働させることは非常に有益です。
2025年:オランダ、ドイツの過剰生産能力は消滅し、風と太陽のないときは一時的に電力が不足する事態が予想されます。ドイツでの原子力発電所閉鎖に伴い、ドイツからの電力輸入は減少し、輸出の可能性さえあります。経済成長と電化推進により電力需要は増加、価格も上がるでしょう。ただ持続可能な社会への移行、CO2排出規制により夏期太陽光発電の割合が増え、熱併給発電の投資にはリスクが高まります。
#熱併給発電 #トリジェネレーション
kasalsenergiebron 2019年4月30日

KASALSENERGIEBRON.NL
Stand barometer WKK per april 2019 – Kas als Energiebron
De marktpositie van netleverende gasmotor-WKK is in 2019 wederom verbeterd ten opzicht van een jaar eerder. De overcapaciteit op de Nederlandse elektriciteitsmarkt is verder afgenomen door uitbedrijfname van kolencentrales en industriële WKK’s.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *