球根業者はロシアに対して行われる可能性のある貿易ボイコットを恐れています。

2014年7月28日 - コメントを残す



球根業者はロシアに対して行われる可能性のある貿易ボイコットを恐れています。
西フリースラントにある球根業者Haakman Flowerbulbs やJan de Wit などは、東部ウクライナの上空で撃墜されたMalysian航空事故に関しロシアに対して行われる可能性のある貿易ボイコットについて心配しています。丁度今、球根が収穫され、契約書にサインしたところなのに。
両社とも8年前よりロシア向けに輸出を始め、現在では売り上げの40%がロシア向けです。
Noordhollands Dagblad 2014年7月28日付 訳
球根だけでなく切り花もロシア向けの割合が大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です