砂質土壌タマネギと粘土質土壌タマネギは違う

2015年3月18日 - コメントを残す



砂質土壌タマネギと粘土質土壌タマネギは違う
タマネギ取引業者Frugi VentaのGijsbrecht Gunter氏は砂質土壌でタマネギを栽培することに対し輸出国オランダとして危惧しています。「砂質土壌で栽培されたタマネギの色、硬さは粘土質土壌で作られたタマネギと全く異なるものです。」と昨日Swifterbantで行われたタマネギ取引会議で述べました。Frugi Ventaによれば種子タマネギ栽培に適した石灰豊富な粘土質土壌は30万haあります。「タマネギ栽培は経費が掛かります。従って最適土壌で栽培しなければなりません。一部の品質不良のタマネギは輸出国オランダとしては大きなイメージダウンです。従って砂質土壌での栽培には反対です。」とGijsbrecht Gunter氏は言いました。
Nieuweoogst.nu 2015年3月18日付訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です