硫酸銅と塩基性塩化銅の使用許可2019年1月31日まで延長

2018年3月26日 - コメントを残す



硫酸銅と塩基性塩化銅の使用許可2019年1月31日まで延長
欧州委員会は有機農薬としての銅剤の使用許可を2019年1月31日まで延長しました。銅剤は人類、動物、土壌生物に対する毒性が認められていますが代替がないため禁止出来ません。オランダでは低濃度で塩基性塩化銅の葉面液肥としての使用は認められていますが、実際は高濃度でジャガイモ疫病に対する殺菌剤として使われています。
有機農業監視組織 Skal とジャガイモ商社 Agrico は高濃度での使用をやめるように働きかける一方、いち早い疫病抵抗性育種を望んでいます。
ジャガイモ疫病 有機野菜
Boerenbusiness 2018年3月26日

De Europese Commissie (EC) heeft de licentie van het biologische gewasbeschermingsmiddel kopersulfaat met 1 jaar verlengd (tot 31 januari 2019).…
BOERENBUSINESS.NL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です