移民労働者からの賃金を搾取する方法を考えた被告へ5年の禁錮求刑

2019年1月18日 - コメントを残す



移民労働者からの賃金を搾取する方法を考えた被告へ5年の禁錮求刑
検察は1月17日 Den Bosch 裁判所で71歳の派遣会社社長を移民労働者からの賃金を搾取、所得税、社会保障費を払わなかったと5年の禁錮を求刑しました。
労働省監察官の調査によれば、移民労働者によって収穫された野菜、花卉は書類上外国の会社へ一旦売却され、そこからオランダの流通業者へ売却されました。また移民労働者は外国の会社に雇用されているように操作され、オランダ当局への所得税、社会保障費を免れました。登記上の会社は、ルクセンブルク、ポーランド、キプロス、英領バージン諸島、英領西インド諸島に設立され、不法に得た収入はスイス、ルクセンブルグの銀行口座に3000万ユーロ以上振り込まれ、他人名義で自家用飛行機も購入していました。
#移民労働者 #搾取
Inspectie SZW 労働省監察 2019年1月18日

INSPECTIESZW.NL
Vijf jaar gevangenisstraf geëist tegen bedenker schijnconstructies voor tuinders
Het Openbaar Ministerie (OM) heeft vandaag in de rechtbank in Den Bosch vijf jaar gevangenisstraf geeist tegen een directeur van een bemiddelingsbedrijf in groente en fruit. Het OM verwijt de 71-jarige man dat hij een schijnconstructie heeft bedacht en opgezet waarmee hij op goedkope wijze de oogste…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *