細菌性病害に対する新しい武器

2014年2月21日 - コメントを残す



細菌性病害に対する新しい武器
ポロネギのPseudomonasとキャベツのXanthomonasによる病気に対しバクテリオファージが有効であるとの研究が2011年よりベルギーで行われています。
バクテリオファージは人類に無害なウイルスですが、細菌に感染し、溶菌させます。ベルギーの露地野菜研究者Anneleen Volckaert氏がProvinciaal Proefcentrum in Kruishoutem誌に発表しました。
実験室での結果は期待出来るものでしたが実際に使用するにあったては、始めに最適なバクテリオファージを選び、どのような条件が良いのか、最も効果的な処理方法は何か、例えば種子処理が良いのか散布が良いのかなどさらに研究を進める必要が有ります。
Groenten en Fruit 2014年2月21日付 訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です