脱税農家へ罰金と懲役

2017年7月21日 - コメントを残す



脱税農家へ罰金と懲役
18軒の園芸農家が2006年〜2010年の間、脱税をした廉で合計2516万4664ユーロ(約33億円)の罰金と各60〜120時間の懲役刑が求刑されました。被告たちは刑を争わずに認める意向です。
マルサの調査によると、これは仲介会社の69歳になる社長が考え出した方法で、農家は収穫物がまだ茎にある状態でオランダの会社より外国の会社へ売ります。ポーランドの派遣会社は移民労働者を使い収穫、市場で販売、売り上げはポーランド、ルクセンブルグ、キプロス、マケドニアの口座を経て、仲介会社社長の口座へ振り込まれました。一方農家へははじめに取り決められた金額が支払われました。取り決め金額は正規の取引ですが金額が違法に低く定められており、したがって安い税金ですみました。その後、仲介会社は各農家へ差額を税金を払わずに配分しました。
農家の名前、罰金額、量刑が実名表示。
検察 2017年7月21日
怖いよう〜〜。?

Het OM zal een directeur van een bemiddelingsbedrijf in groente en fruit dagvaarden om in de rechtbank in Den Bosch te verschijnen. Het OM verwijt hem het bedenken en opzetten van een schijnconstructie, waardoor tuinders uit Brabant en Limburg tussen 2006 en 2010 een deel van hun winsten uit de boe…
OM.NL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です