花屋は消費者へ届ける重要な販路

2016年11月16日 - コメントを残す



花屋は消費者へ届ける重要な販路
FloraHolland 花市場の中核国では花屋が消費者への販路として切り花の約半分を担っています。また花屋は鉢物の1/4、苗物の1/10も販売しています。これはFloraHollandが四半期ごとに行う市場調査で明らかになりました。
ほぼ全ての花屋では切り花、鉢物を両方販売しています。60%の花屋では造花も売っています。しかし売上の5%にも届きません。少なくとも85%の花屋は鉢や花瓶も売ってますが売上の15%を超えません。オランダ、ドイツ、英国では混合花束が主要商品ですが、フランスではフラワーアレンジメントが重要です。
競争相手はスーパーマーケットと通販
全ての国でスーパーマーケットが一番の競争相手です。オランダと英国では通販も脅威となります。全ての国で「他の花屋」はほとんど競争相手とはならないと答えました。
商品構成は年間を通して設定
オランダ、ドイツ、英国の花屋は商品構成に8点の自己採点を与えました。フランスは少し低く7点でした。87%の花屋では年間を通して商品構成を設定しています。全ての国で品質、品質/価格バランスが重要な仕入れの基準となります。卸売業者へは多くの花屋が満足していますが、一部、品質と品揃えで改善を望んでいます。
従来の販売ルートより購入
全ての国の花屋の多くは卸売業者またはcash & carryから仕入れ、ラインドライバー(ドラックに花を積んで定期的に訪れる卸売人)が次ぎます。オランダは特殊で第2位にFloraHollandから直接購入が付けました。数量の関係より花屋が農家から直接仕入れることは難しいです。ほとんどの花屋は自分で仕入れた花を運びます。英国では online で仕入れる方が多くなりました。自分で花を運ぶのは時間がかかり、市場調査や改革に費やす時間が取れません。
市場調査に2時間
フランスの花屋は市場調査に52分/週しか使っていません。英国は一番長く2時間11分/週で、平均すると2時間/週を切ります。オランダと英国ではソーシャルメディア、特にFacebookが利用されています。ドイツ、フランス、イギリスの花屋の大部分は、既存の顧客への販売に重点を置いています。花屋の30%〜52%は地元の新聞や雑誌に広告を掲載しています。
2016年11月16日

Bloemist is belangrijke schakel naar eindconsument
Consumenten kochten in 2016 bijna de helft van hun bloemen bij de bloemist. Dit blijkt uit onderzoekscijfers van onze Bloemisten Kwartaalscan in Nederland, Duitsland, Frankrijk en het Verenigd Koninkrijk. …
ROYALFLORAHOLLAND.COM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です