花農場で病欠詐欺

2017年6月22日 - コメントを残す



花農場で病欠詐欺
中央控訴裁判所は半年間花の農場で働いていたのに花の名前をほとんど知らないことは考えられないとして病欠によって得られた12000ユーロの返還を言い渡しました。
被告は2013年7月から12月まで派遣会社を通じ花の農場で働いていたがその後病気になったとして病欠補償金を得ていました。社会労働省の検査官は農場で働いていた形跡はないとして12000ユーロの返還を求めていました。被告は派遣会社の同僚6人の証人を連れて来ましたが、尋問に際し、働いていたと主張している農場の花の名前をほとんど知りませんでした。更に農場主と同僚は被告を見たこともないと証言しました。
中央控訴裁判所 2017年6月22日

“); $(w.document.body).html(html); w.document.getElementById(“linkToPrint”).href = “javascript:window.document.close(); window.focus(); window.print();”;…
UITSPRAKEN.RECHTSPRAAK.NL

Geef een reactie

Het e-mailadres wordt niet gepubliceerd. Vereiste velden zijn gemarkeerd met *