買手番号の表示廃止実験継続

2014年6月26日 - コメントを残す



買手番号の表示廃止実験継続
買手番号の表示を廃止することによって価格形成に良い影響を及ぼすことがわかりました。これは2012年末よりアールスメーア市場のキク競り場で行われた実験の結果です。調査した買手によれば価格は高く、安定していたとの回答が得られました。8月中旬にはナールドワイク市場のバラ競り場でも実験が行われます。
これは長い間一部の栽培農家、買手から出されていた要望でした。実験では競りに支障はなく、出品者、買手、賛成者、反対者からも良い反応を受けました。
分析によれば価格形成に好影響を与えたようですが一品目、3週間の短期間だったため正しい結果を得るためには複数の品目、複数の競り場での実験が必要です。
FloraHolland 2014年6月26日付訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です