農家はまだジャガイモの種子に期待なし

2015年2月16日 - コメントを残す



農家はまだジャガイモの種子に期待なし
ジャガイモ農家は種イモから種子への変換をあまり期待していない様です。Akkerwijzer の調査によれば、59% の農家が従来の種イモからの栽培が良いと答えました。1/4 の農家だけが種子によるジャガイモ栽培に未来があり、種イモの輸送が種子に代わり輸出し易くなるだろうと期待しています。Solynta社はジャガイモの交配種子を作っています。社長の Pim Lindhout 氏によればジャガイモの種子は種イモに比べ、輸送が簡単で、育種も格段に早く出来るとのことです。
Akkerwijzer 2015年2月16日付訳
個人的には種子に多いに期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です