遺伝子組み換え切花欧州で輸入許可

2015年5月21日 - コメントを残す



遺伝子組み換え切花欧州で輸入許可
欧州食品安全機関は2つの遺伝子組換え切花(食用、飼料用ではない)の輸入を許可しました。また新しく10件の遺伝子組換え食品/飼料の輸入、7件の更新を認めました。これらの遺伝子組換え切花/食品/飼料は、欧州食品安全機関(EFSA)の科学的評価を含む完全な認可手続きを踏みました。この許可はあくまで輸入だけであり、栽培は含みません。
サントリーの子会社であるFlorigene 社は遺伝子組み換えで花色、除草剤耐性を得た2つのカーネーションIFD-25958とIFD-26407を輸出したいと考えています。
HortiBiz Newsletter 2015年5月21日付訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です