野生種種子銀行へ保存

2017年11月27日 - コメントを残す



野生種種子銀行へ保存
都市化、集約農業、気候変動により1950年以降オランダ原生植物1500種のうち40種がすでに絶滅、71種が絶滅危惧種レッドリストに指定、他約500種が絶滅の危機に瀕しています。Wageningen大学、Nijmegen大学、Wageningen Environmental Research (Alterra)は共同で野生種種子銀行を作ることにしました。絶滅種とはオランダ以外の国にまだ存在しているものも含まれます。遺伝的に異なる可能性も否定出来ないため、その国からオランダへ再導入することはできません。野生種の採種のために自然破壊や自生地での絶滅を引き起こしてはいけません。そのため植物園、営林所、自然公園、Wageningen遺伝資源センター、栽培者、Amsterdam大学、Groningen大学、Leuven大学と共同で採種をします。収集した種子は乾燥、真空包装、凍結させてWageningen大学とNijmegen大学の2カ所へ分散、保存されます。
絶滅種 種子銀行
Wageningen大学 2017年11月27日

Wageningse en Nijmeegse onderzoekers gaan samen een zadenbank opzetten om bedreigde inheemse wilde planten genetisch veilig te stellen. Van de meer dan 1500 soorten wilde planten in Nederland is ongeveer een derde met uitsterven…
WUR.NL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です