野菜、果物の消費量が急減

2013年10月18日 - コメントを残す



 オランダでここ10年新鮮野菜、果物の消費がなんと20% も激減しました。これは11月1-2日に行われる予定の国民栄養討論会での起点条文です。新しい奨励手段を見つけなければなりません。この減少は驚くほど高いものです。「我々はこれらの数字を聞いたとき大変な衝撃を受けました」討論会組織はRIVM(国民健康、環境局)と担当省にこの数値が正しいかチェックしました。国民栄養討論会組織は助役Arne Weverling、Koppert Cress、Best Fresh Groupなどによって運営されています。1987年に141グラムの野菜の消費量が2009年には一日あたり20グラム、20年の間に14%の減少でした。果物に関しても同様の減少率でした。「10年間で20%の減少率はたしかに心配であるが統計源が様々なため一口で言うことは難しい。特に最後の統計は広くヨーロッパで行われたものでナッツ類が果実に含まれたため、正確な減少率は不明である。」と国民栄養討論会組織の広報担当者は述べました。しかし、10年間で20%の減少は根拠のないことではありません。例えば、青年男子は1987年154グラムだった野菜の消費量は2009年には110グラムまで減少し、果物に至っては1987年110グラムから2009年60グラムまで減少しました。青年男子は20%以上の減少です。
Groenten & Fruit 10月18日付 訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です