食品の包装について消費者の意識は

2020年12月10日 - コメントを残す



ABN AMRO 銀行が行った調査によると、66%の消費者は持続可能な食品の包装は重要だと考えています。1/5 の消費者は持続可能な包装に11,6%の出費を覚悟しています。
しかし、消費者の持続可能な包装の知識レベルは低いままです。
牛乳の場合、多くの消費者はガラス瓶の方が環境に良いと考えられていますが、実際は重いガラスの輸送にかかるCO2のため紙パックの方が環境に優しい選択です。
リサイクルについても多くの消費者はビンや缶の方がプラスティックより良いと考えていますが、実際は製造に高温を必要とするためより多くのCO2を排出します。 リサイクルが可能なプラスティックは実際は紙より環境への負荷が少ないです。
プラスティック包装されたキュウリやパプリカを68%の消費者は全くナンセンスと考えていますが、実際は野菜の保存性を高め、食品廃棄を防いでいることに気づいていません。
#オランダ園芸 #持続可能な包装
ABN AMRO 銀行 2020年12月10日
ABNAMRO.NL
www.abnamro.nl

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です