2017年7月28日 - コメントを残す



タマネギ2006年に比べ42%増加
露地野菜の栽培面積は増えています。2017年4月1日時点で87.000 ha、2006年に比べ13% の増加、2000年に比べ27% の増加となりました。CBS(中央統計局)ではタマネギを野菜として統計を取っています。タマネギは35.000 ha、2006年に比べ42%の増加、全露地野菜に占める割合は40%にもなります。2006年にはまだ32%でした。ウリ類は2006年の1000ha から1170ha へ、赤ビートは360ha から950ha へ増加しました。一方エンドウ豆は2006年の53000ha から31000ha へ激減、サヤインゲンも2006年より 38% 減の2430ha となりました。タマネギに次ぐ露地野菜はニンジンで2006年より 9,6% 増の6500ha となりました。              #タマネギ
CBS(中央統計局)2017年7月28日

CBS.NL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です