ブログのカテゴリー

エチオピアの花卉産業、バラ色とはいかない。

2016年10月25日 - コメントを残す

1990年代よりエチオピアの花卉産業は発展を遂げ、昨年107社の(外国)花卉会社はGDP8%に当たる3億ドルの切り花を生産しました。これはケニアの7%に次ぐ世界2位のシェアー2%になります。

詳しくはこちら

フリージアにおける温度と日照

2016年10月24日 - コメントを残す

フリージア農家 Hofland と Van Os で生育における温度と日照の関係を調査しました。

詳しくはこちら

野菜の育苗に化学農薬は必要なし

- コメントを残す

野菜の育苗専門業者 Gitzels BV では長年の試験研究により化学農薬から有機防除に切り替えました。

詳しくはこちら

LED照明は、バジリコの風味に影響

- コメントを残す

バジリコはその香りと風味より生産者と消費者の間で人気があります。これらの香りと風味はロスマリン酸、カフェー酸やチコリ酸などのフェノール化合物からなりますが、今までLED照明の影響は知られていませんでした。Democritus University of Thrace と Wageningen University はLED波長とフェノール化合物生成との関係を研究しました。

詳しくはこちら

Anthranilic Diamides は 野菜の種子処理において Neonicotinoid に取って代われる可能性がある

2016年10月19日 - コメントを残す

neonicotinoids 系農薬の葉面散布はミツバチや益虫に害があると嫌われています。しかし、種子処理にすることにより、効果的にまた益虫などへの被害を最小限に止めることができ、今では広く使われています。

詳しくはこちら

neonicotinoïde の種子処理はミツバチに影響ない

2016年10月17日 - コメントを残す

ナタネに clothianidin(neonicotinoïdeの一種) を種子処理してもミツバチに影響は出ないと結論付けられ、 Ecotoxicology に発表されました。

詳しくはこちら


前のページ  次のページ