ブログのカテゴリー

受粉用ロボット蜂の開発まだ時間が必要

2017年5月30日 - コメントを残す

受粉用ロボット蜂の開発まだ時間が必要 世界で蜂個体数が減少する中、世界で三つのチームが受粉用ロボット蜂の開発を進めています。Harvard 大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所はミニドローン型を研究開発、プロトタイプまで完成させました。West Virginia 大学は自走式ロボット型を研究、未だ設計段階で完成までには少なくとも10年かかります。 Harvard 大学では10年前よりRoboBee を開発、24,2 mm、90g の小型ドローンは静電気を利用して飛行、潜水、着陸が可能です。受粉作業の他に捜索救助作業にも使用できます。研究者たちは次の段階として充電できる「蜂の巣」の建設を進めています。 産総研で開発している小型ドローンは馬の毛と電離ジェルを使って実験室条件下でユリの受粉ができるようになりました。 West Virginia 大学の自走式ロボットはレーザーとカメラを使い、自分でラズベリーとブラックベリーの花、花粉を探し当て、受粉させます。 園芸分野で日本が世界トップ水準にあるのは育種とロボット技術です。 NFO 2017年5月30日 Robotbijen bestuivers van de toekomst? – Nederlandse Fruittelers Organisatie Wereldwijd werken drie onderzoeksteams aan het ontwerpen van robots die ingezet kunnen worden bij… NFOFRUIT.NL

詳しくはこちら

Wageningen の研究者は営業的にならなければ生き残れない

- コメントを残す

Wageningen の研究者は営業的にならなければ生き残れない ここ15年間で経費削減のためWageningen の研究所では3733人から2379人へ1300人の職が失われました。研究者たちは企業から委託研究費を得るために営業をしなくてはなりません。しかしどの会社が高額な研究費を払うのでしょうか? オランダ農業研究の先駆者、Wageningen Research は1877年国立の研究所として設立され、1998年Wageningen Research & University (WUR)として九つの研究所に改組されました。2012年に3億4340万ユーロあった総売上は2016年は3億1360万ユーロまで減少しました。経済省からの資金援助は2012年の5090万ユーロから2017年2880万ユーロまで削減されました。一方、企業からの委託研究費は2012年の4470万ユーロから2016年の4700万ユーロの微増にとどまりました。 fd 2017年5月30日 Wageningse onderzoekers moeten verkooptijgers worden In vijftien jaar tijd zijn meer dan 1300 banen verdwenen bij Wageningse onderzoeksinstituten. Nu, na jarenlange bezuinigingen, moet de knop om. Onderzoekers moeten commerciëler gaan denken en meer met bedrijven… FD.NL

詳しくはこちら

オランダ産の藻類と海藻に有機の認証

2017年5月29日 - コメントを残す

オランダ産の藻類と海藻に有機の認証 2017年5月よりオランダ産の藻類と海藻は Skal より有機の認証を受けることができるようになりました。半年の審査の後、有機飼料、有機食品として販売できます。スピルリナやクロレラなどの藻類は40%のタンパク質を含み栄養補助食品に利用されます。有機飼料としては液状、粉状、顆粒で利用されます。 有機海藻には生態系、生物多様性の保全、持続可能な水環境の保全などの要件を満たす必要があります。 Skal  2017年5月29日 Nieuw: biologische certificering van Nederlandse micro-algen en zeewier mogelijk » Skal.nl Vanaf mei 2017 is het voor Nederlandse algen- en zeewierkwekers mogelijk om zich door Skal te laten certificeren. Na een omschakelperiode van een half jaar… SKAL.NL

詳しくはこちら

スバールバル諸島の国際種子バンク水漏れ

2017年5月27日 - コメントを残す

スバールバル諸島の国際種子バンク水漏れ 2016年10月異常な暑さとそれに伴う降雨のため、スバールバル諸島の国際種子貯蔵庫へ雨水が浸水しました。雨水はすぐ凍ったため種子には被害がありませんでした。種子貯蔵庫は災害から貴重な遺伝資源を守るため10年前に建設されました。#種子バンク Volkskrant、2017年5月27日 Lekkage in zadenbank, nieuwe telescoop en meer open access – Wetenschap – Voor nieuws, achtergronden en columns VOLKSKRANT.NL

詳しくはこちら

ヤギ糞より「ぼかし」を作る研究

2017年5月22日 - コメントを残す

ヤギ糞より「ぼかし」を作る研究 ZLTO のヤギ部会ではヤギボカシを作る研究を始めました。ヤギの糞に発酵材、粘土鉱物、貝殻石灰を加え、家畜の健康とアンモニア排出防止に考慮します。地域の作物、露地野菜、樹木園への使用を呼びかけています。 ZLTO 2017年5月22日 ボカシはすでにオランダでそのまま通じます。 https://www.zlto.nl/…/bokashi-bij-geitenmest-in-de-stal-en-… https://www.youtube.com/watch?v=t4ANwI2R9MU&feature=youtu.be Bokashi bij geitenmest, in de stal en op het land De vakgroep Melkgeitenhouderij is onlangs gestart met het project rond de mogelijkheden van Bokashi bij geitenmest, in de stal en op het land. ZLTO.NL

詳しくはこちら

オランダ農業食品輸出940億ユーロに

2017年5月19日 - コメントを残す

オランダ農業食品輸出940億ユーロに 2016年度のオランダ農業食品輸出は940億ユーロに達しました。オランダはアメリカに次ぐ世界第2位の輸出国です。 2014年夏ロシアによるEU農産物ボイコットにもかかわらず、花卉類、苗、種子、種芋は未だに多くの量が輸出されています。また果樹、街路樹の輸出も再開されました。 経済省 2017年5月19日 www.agroberichtenbuitenland.nl AGROBERICHTENBUITENLAND.NL

詳しくはこちら


  次のページ