ブログのカテゴリー

ジャガイモ育種会社 Solynta 経済的支援受ける

2017年11月28日 - コメントを残す

ジャガイモ育種会社 Solynta 経済的支援受ける 「2500kgの種芋がたったの25gの種子で済みます。」 このジャガイモ革命はSolynta社が投資シンジゲート Fortissimo Capital と OostNV からの€1600万の資金調達で加速されます。Solynta社は種子繁殖系ジャガイモの育種をしているオランダの会社で、2014年国民象徴に任命されました。 #種子繁殖系 #ジャガイモ Wageningen University&Research 2017年11月28日 次は種子繁殖系ニンニクを期待しています。 Aardappelveredelaar Solynta verzekerd van krachtige steun Telen met 25 gram aardappelzaad in plaats van 2500 kilo pootaardappels; dit wordt gezien als de heilige graal van de aardappelveredeling. Deze… WUR.NL

詳しくはこちら

野生種種子銀行へ保存

2017年11月27日 - コメントを残す

野生種種子銀行へ保存 都市化、集約農業、気候変動により1950年以降オランダ原生植物1500種のうち40種がすでに絶滅、71種が絶滅危惧種レッドリストに指定、他約500種が絶滅の危機に瀕しています。Wageningen大学、Nijmegen大学、Wageningen Environmental Research (Alterra)は共同で野生種種子銀行を作ることにしました。絶滅種とはオランダ以外の国にまだ存在しているものも含まれます。遺伝的に異なる可能性も否定出来ないため、その国からオランダへ再導入することはできません。野生種の採種のために自然破壊や自生地での絶滅を引き起こしてはいけません。そのため植物園、営林所、自然公園、Wageningen遺伝資源センター、栽培者、Amsterdam大学、Groningen大学、Leuven大学と共同で採種をします。収集した種子は乾燥、真空包装、凍結させてWageningen大学とNijmegen大学の2カ所へ分散、保存されます。 #絶滅種 #種子銀行 Wageningen大学 2017年11月27日 Naar een zadencollectie van inheemse wilde planten Wageningse en Nijmeegse onderzoekers gaan samen een zadenbank opzetten om bedreigde inheemse wilde planten genetisch veilig te stellen. Van de meer dan 1500 soorten wilde planten in Nederland is ongeveer een derde met uitsterven… WUR.NL

詳しくはこちら

園芸業界ルーマニア、ラトビア、モルドバから募集

2017年11月20日 - コメントを残す

園芸業界ルーマニア、ラトビア、モルドバから募集 園芸業界では労働者を見つけることが次第に困難となってきています。ポーランドから来る人は減少し続け、ルーマニア、ラトビア、モルドバからも募集しています。これが上手くいかないと来シーズン大幅な労働力不足に陥るとオランダ温室農協 Sjaak van der Tak 組合長と派遣会社Westflex社社長 Frans van der Lugt 氏は語りました。商工会議所の調査によればポーランド国内の求人が増え、給与水準も大幅に上がってきているためオランダまで出稼ぎに来る必要がなくなりつつあります。移民労働者を多く受け入れるためにはオランダ園芸業界の労働条件、給与水準、住宅環境を改善しなければなりません。また移民労働者に頼ることなくオランダの若者へ園芸業界で働いてもらうように働きかける必要があります。 #移民労働者 WOS 2017年11月20日 WOS.nl: Tuinbouw zoekt personeel steeds verder weg De tuinbouw moet steeds vaker personeel verder weg halen. WOS.NL

詳しくはこちら

オランダの温室、現代の奴隷制度

2017年11月4日 - コメントを残す

オランダの温室、現代の奴隷制度 我々が綺麗な容器に入ったトマトを食べ、美しい花束を貰っている一方、何千人ものポーランド労働者が搾取、詐欺、性的差別を受けています。 Westland の温室では毎日3万人以上のポーランド人が劣悪な労働条件下で働かされています。 De Telegraaf の記者はその内の一人Bartek Rajski(38歳)に話を聞きました。彼は包帯に巻かれ半分になった小指を見せて事故を語りました。キクの切断機には防護カバーが付いていなければならないが、壊れていたために彼はそのまま作業しなければなりませんでした。彼が住んでいる住宅は派遣会社から与えられた一軒家で他の15人の同僚と一緒に住まなければなりません。雨漏りがひどく、ネズミの這い回る家ですが、彼らは5600ユーロ/月を給与から差し引かれます。また暖房の目盛りを勝手に上げると800ユーロの罰金が課せられます。 バスがポーランドから新しい労働者を運んでくると、派遣会社の係員が彼らを選抜します。若く可愛い金髪の子には直ちに仕事が与えられ、年老いた女性はバスに戻されポーランドへ帰らなければなりません。先月悪徳派遣会社VoornePutten社に28000ユーロの未払い賃金の有罪判決が出たにもかからわず、法的な保護を求めるように忠告してくれる人はあまりいません。 #オランダ #温室 #派遣会社 #トマト De Telegraaf 2017年11月4日 Roofbouw in de kassen Terwijl trosjes felrode cherrytomaten teder in luxe designdoosjes worden gedrapeerd, krijgen de mensen die ze plukken een behandeling die doet denken aan slavernij. De Telegraaf nam een kijkje in het Westland, waar ruim… TELEGRAAF.NL

詳しくはこちら

Poederoijen にあるキク農家 Satter-Vlug 社の Henk Satter氏(46)へ懲役80時間、罰金6000ユーロ求刑

2017年11月2日 - コメントを残す

Poederoijen にあるキク農家 Satter-Vlug 社の Henk Satter氏(46)へ懲役80時間、罰金6000ユーロ求刑 Satter-Vlug 社のポーランド人従業員は作業中に毒性が強く、使用が禁止されているカルバメート系殺虫剤 Aldicarp を浴び病院へ運ばれました。彼はその後6週間働くことができませんでした。 検察によれば、 Aldicarp は屋根裏から発見され、Henk Satter氏はポーランド従業員に安全な防護服の着用を命じませんでした。 #キク Gelderlander 2017年11月2日 Medewerker van Satter uit Poederoijen werkte met levensgevaarlijk gif: boete en werkstraf geëist ARNHEM/POEDEROIJEN – Chrysantenkweker Satter-Vlug uit Poederoijen heeft onvoorzichtig en zeer lichtvaardig gehandeld en daardoor is er in de kwekerij een… GELDERLANDER.NL

詳しくはこちら