ブログのカテゴリー

Monsanto Crispr法を使い甘いイチゴを育種

2018年3月29日 -

Monsanto Crispr法を使い甘いイチゴを育種 Monsanto 社は Pairwise 社と共同で1億2500万ドルを掛け遺伝子編集 Crispr法を使い、甘く日持ちの良いイチゴを育種します。両社は2028年には店頭に並ぶことを目指しています。 DuPont社は同様な遺伝子編集 Crispr法を使い4年以内に新しいトウモロコシを作ると発表しています。 #遺伝子編集 #Crispr Business Insider 2018年3月29日 A new Monsanto-backed company is on the verge of producing the first fruit made with a blockbuster gene-editing tool that could revolutionize agriculture BUSINESSINSIDER.COM

詳しくはこちら

Wageningen 大学研究所の生化学者と生命情報科学者オーキシンの起源を発見

2018年3月27日 - コメントを残す

Wageningen 大学研究所の生化学者と生命情報科学者オーキシンの起源を発見 Wageningen 大学研究所の生化学者と生命情報科学者は植物界の普遍的ホルモン、オーキシンの起源を発見しました。これにより育種、栽培に有用な情報が得られます。 植物はシュートが成長し、その後、側枝と根が生え、葉が光の方向へ茂り、花と果実へ成長します。これらの発育を制御するのが植物ホルモン・オーキシンです。オーキシンは細胞、植物組織中に異なる濃度で存在します。 Wageningen 大学研究所生化学教授Dolf Weijers教授率いるチームは1,000種以上の植物のゲノムを調べました。現存する進化の異なる種を選びました。その中には3億2千万年前に分化し、非常に複雑なオーキシンを持っている顕花植物の他、針葉樹、古いシダ類、5億年以上に分化したコケ類、10億年前の単細胞の緑藻もありました。 長年の進化の過程でゲノムが倍加し、多くの種類のタンパク質が機能するようになりました。5億年前陸上植物が現れた時に現在のオーキシン機能が完成しました。オーキシンの三つのタンパク質の内一つは10億年前の単細胞の緑藻にありました。 Hirotaka Kato 博士研究員は藻類、苔、シダ3種類の植物を用いて、ゲノム考古学を考察、どのゲノムがホルモン機能を活性化するかを調べました。これによりどのように植物がその成長や形状を調整するのか解明でき、育種、栽培に有用な情報が得られます。 #植物ホルモン #オーキシン #生命情報科学 Wageningen University & Research 2018年3月27日 Genoomarcheologen graven de oorsprong van een plantenhormoon op Op zoek naar de oorsprong van het universele hormoon auxine in planten kropen Wageningse biochemici en bioinformatici in de huid van archeologen. Diep in de… WUR.NL

詳しくはこちら

野菜果物の消費税増加に例外なし

- コメントを残す

野菜果物の消費税増加に例外なし 「野菜と果物は多くの製品の成分のため、消費税増税に例外を設けることは会計上難しい」とSnel 財務省長官は衆議院へ書簡を送りました。政府各党合意により所得税の引き下げと低消費税の引き上げを別個に検討することはできません。健康な食品と不健康な食品の区別なく消費税が6%から9%に引き上げられます。 #BTW #消費税 財務省 2018年3月27日 Kamerbrief inzake het bericht dat ongezond eten opnieuw goedkoper is, en gezond eten weer duurder Staatssecretaris Snel stuurt, mede namens de staatssecretaris van Volksgezondheid, Welzijn en… RIJKSOVERHEID.NL

詳しくはこちら

硫酸銅と塩基性塩化銅の使用許可2019年1月31日まで延長

2018年3月26日 - コメントを残す

硫酸銅と塩基性塩化銅の使用許可2019年1月31日まで延長 欧州委員会は有機農薬としての銅剤の使用許可を2019年1月31日まで延長しました。銅剤は人類、動物、土壌生物に対する毒性が認められていますが代替がないため禁止出来ません。オランダでは低濃度で塩基性塩化銅の葉面液肥としての使用は認められていますが、実際は高濃度でジャガイモ疫病に対する殺菌剤として使われています。 有機農業監視組織 Skal とジャガイモ商社 Agrico は高濃度での使用をやめるように働きかける一方、いち早い疫病抵抗性育種を望んでいます。 #ジャガイモ疫病 #有機野菜 Boerenbusiness 2018年3月26日 Licentie koperoxichloride in stilte verlengd – Gebrek aan alternatieven De Europese Commissie (EC) heeft de licentie van het biologische gewasbeschermingsmiddel kopersulfaat met 1 jaar verlengd (tot 31 januari 2019).… BOERENBUSINESS.NL

詳しくはこちら

完全LED照明栽培トマト試験中間結果

2018年3月22日 - コメントを残す

完全LED照明栽培トマト試験中間結果 Lans農場ではQWestland社のClimaLED3 を用いた完全LED照明トマトが栽培されています。ClimaLED3は白色光を発し、小さなファンでランプの熱を下へ飛ばします。他の赤色/青色LEDより従来の高圧ナトリウムランプの色に似ています。Wageningen University&Researchは現地で温度と光分布の測定を行いました。 熱感知カメラと換気付き温度感知機の測定により確かにランプの下では室温が上昇していました。煙を流し空気対流を確認したところ空気は植物体の下へは行きませんでした。したがって植物体の上部と下部では高圧ナトリウムランプ以上の温度差があり、想像に反しました。高圧ナトリウムランプの輻射熱は、LEDランプの対流熱よりも深く作物に届きますのでこれ自体には問題はありませんが、暖房には考慮する必要があります。この温室では他の温室に比べ、電力使用量同等、暖房10%減少、室温1℃上昇、相対湿度6%低下しました。一般にLED照明はSON-T照明より暖房費が嵩むと考えられて来ましたので驚きです。LEDランプは梁に設置されるため5mの間隔が空きます。LEDランプは狭角な為、ランプ下1.9メートル未満で配光が均一でなくなります。生育の経過により全ての作物はランプの真下で栽培されます。これにより多くの光を受け、さらにランプ間より温度が1℃高くなります。 #LED #トマト Kas als Energiebron 2018年3月22日 Full LED bij tomaat: Kas als Energiebron Bij Lans Zeeland staat de eerste grote praktijkkas waar tomaten onder full LED worden geteeld. Het ClimaLED3 systeem van QWestland geeft wit licht en is voorzien van een kleine ventilator waarmee de lampwarmte naar beneden wordt geblazen. Qua […]

詳しくはこちら

チューリップのDNA解読

2018年3月16日 - コメントを残す

チューリップのDNA解読 昨年11月、BaseClear、Generade、DümmenOrange各社は、チューリップのDNAを解読したと発表しました。 ゲノム編集による耐病性育種の道が開かれます。 #ゲノム編集 #チューリップ #DNA ワーゲニンゲン大学 2018年3月16日 edepot.wur.nl EDEPOT.WUR.NL

詳しくはこちら


  次のページ