ブログのカテゴリー

Wageningen 大学植物育種技術に関する小冊子を出版

2018年4月26日 - コメントを残す

Wageningen 大学植物育種技術に関する小冊子を出版 Wageningen 大学の研究者たちはゲノム編集はじめ新しい育種法を紹介した小冊子「新しい時代の植物育種技術」を出版しました。 2012年CRISPR-Cas法が紹介されて以来、ゲノム編集技術は大きな進歩を遂げました。新しい技術は従来の交雑育種では困難であった重要作物の育種に貢献することでしょう。 農業は生産過程全体を総合的に取り組まなければならない持続可能性の問題に直面しています。植物育種者は気候条件、土壌条件、耐病害虫性、食料需要増加、消費者の嗜好の変化に対応するために新しい品種を短時間で育成する必要があります。 ゲノム編集技術によって得られる形質とその社会的、法的、経済的側面についても議論しています。 #ゲノム編集 #CRISPR-Cas Wageningen University & Research 2018年4月26日 edepot.wur.nl EDEPOT.WUR.NL

詳しくはこちら

衆議院グリホサートの使用を制限

- コメントを残す

衆議院グリホサートの使用を制限 衆議院は4月26日の農薬政策に関する議論で本来の目的以外の用途にグリホサートを使用することを禁止するように政府へ要請しました。これにより牧草地更新、作物収穫前の散布などが禁止されます。D66 によればこれは本来の除草剤機能とは異なるものであり、ドイツ市場でグリホサートの使用に厳しい制限がかけられ、オランダとしてもそれに準備する必要があるとしています。 #グリホサート #ラウンドアップ 衆議院 2018年4月26日 Motie_van_het_lid_De_Groot_over_verbieden_van_het_gebruik_van_glyfosaathoudende_middelen_buiten.pdf

詳しくはこちら

Cas3 の働きに説明

- コメントを残す

Cas3 の働きに説明 CRISPR-Cas9や類似の細菌免疫系が、DNA 編集技術として使用されていますが、どのように機能するかは実はまだよく分かってはいません。例えば、タンパク質 Cas3 について、どのように遺伝子を切るのか、DNA はどのように引き寄せられるのか、どのように遺伝子の鎖にくっつくのかなどの問いに Tu Delft工科大学の研究者は答えを見つけました。Cas3 は漁師が魚を捕まえるようにDNA を引き付けるのです。 詳細は添付資料を参照ください。 TU Delft 2018年4月26日 #遺伝子編集 #CRISPR-Cas9 #Cas3 Cas3: een biologische hengel en versnipperaar in één CRISPR-Cas9 heeft gene editing een stuk eenvoudiger gemaakt, en gaat er op termijn voor zorgen dat we erfelijke ziekten uit ons DNA kunnen schrijven. Maar ondanks het feit dat we […]

詳しくはこちら

バラ青枯病再発

2018年4月25日 - コメントを残す

バラ青枯病再発 オランダ食品・消費者製品安全局(NVWA)は、Heerhugowaardのバラ栽培会社Sol Roses社でバラ青枯病が再発したことを確認しました。この農場はNVWAの監督下で全ての植物体を破棄処分、消毒をしなければなりません。NVWAはさらにRalstonia solanacearum菌の追跡調査を行い2015、2016年に発見された菌と同じものと判定しました。 #バラ青枯病 Heerhugowaard Centraal 2018年4月25日 Uitbraak gevreesde bruinrot bij Waardse rozenkweker Sol Roses Uitbraak gevreesde bruinrot bij Waardse rozenkweker Sol Roses HEERHUGOWAARDCENTRAAL.NL

詳しくはこちら

2017年アスパラガス栽培面積、収穫量とも10%以上増加

2018年4月19日 - コメントを残す

2017年アスパラガス栽培面積、収穫量とも10%以上増加 2017年アスパラガス収穫面積は前年比11%増加の3,322ヘクタール、収穫量は同じく前年比12%増加の20,800トンとなりました。まだ収穫していない栽培面積も加えれば3,807ヘクタールとなります。収穫面積は2007年の2065ヘクタールに比べ61%増加、収穫量も2007年の15000トンに比べ40%増加となりました。 アスパラガス栽培面積は、Limburg 州に62%、北Brabant 州に33%とこの2州に集中しています。 欧州連合内ではドイツが2016年度収穫面積22,270ヘクタール、収穫量12万トンで首位、次いでスペインで12,590ヘクタール、オランダは3,000ヘクタール5位でした。 #アスパラガス CBS 2018年4月19日 Meer asperges geoogst De geoogste oppervlakte asperges is in 2017 vergeleken met een jaar eerder met 11 procent toegenomen naar 3322 hectare CBS.NL

詳しくはこちら

トマト野生種に耐虫性発見

2018年4月17日 - コメントを残す

トマト野生種に耐虫性発見 ガラパゴス諸島の野生のトマトに広い耐虫性があることを Wageningen University & Research の研究者が発見しました。この種は栽培種に近いため、交雑育種で耐虫性形質を導入することが期待されます。栽培種は育種の過程で自然の抵抗性を失ってしまいました。科学者は野生種より抵抗性を再導入しようと試みていましたが、ほとんどの野生種は栽培種と遺伝的に遠い関係であり、形質をうまく取り入れることが困難でした。今回発見されたガラパゴス諸島の野生種は遺伝的に近く、また単因子で働くため、交雑が容易と考えられます。 複数の抵抗性 Wageningen University & Research の Ben Vosman 氏は2010年より野生種 Solanum galapagense を遺伝子銀行から入手、初めにコナジラミ抵抗性を発見しました。その後、驚いたことにこの種はモモアカアブラムシ、アワヨトウにも抵抗性があることがわかりました。 農薬使用量が減り、環境に良い 栽培種は害虫の脅威にさらされています。コナジラミはウイルスを媒介、植物を枯らします。温室内の害虫制御は比較的容易ですが、露地では困難です。抵抗性品種が出来たら熱帯での露地栽培に大きな効果が期待されます。 #耐虫性 #トマト #コナジラミ #Solanum galapagense Wageningen University & Research 2018年4月17日 Nauwe verwant van de cultuurtomaat is resistent tegen veel insecten Een wilde tomaat van de Galapagoseilanden is resistent tegen verschillende soorten insecten. Dat hebben onderzoekers van Wageningen […]

詳しくはこちら


  次のページ