ブログのカテゴリー

水仙の葉緑体ゲノム解読

2018年11月12日 - コメントを残す

水仙の葉緑体ゲノム解読 #スイセン Royal Horticultural Society 2018年11月12日 TANDFONLINE.COM The complete chloroplast genome of Narcissus poeticus L. (Amaryllidaceae: Amaryllidoideae) (2018). The complete chloroplast genome of Narcissus poeticus L. (Amaryllidaceae: Amaryllidoideae) Mitochondrial DNA Part B: Vol. 3, No. 2, pp. 1137-1138.

詳しくはこちら

チューリップ球根が食卓へ

- コメントを残す

11月に行われた「農家の食卓」第3弾の招待客は出された皿を見て一瞬冗談だと思いました。カボチャと葉野菜の間にスカートの様に置かれたチューリップ球根を見て、我々がこれを食べたのは確か第2次世界大戦の時だったはずと好奇心と違和感の混じった思いを抱きながら食卓を囲みました。 #チューリップ球根 Noordhollandsdagblad 2018年11月12日 NOORDHOLLANDSDAGBLAD.NL Biologische tulpenbol op je bord Het is niet bepaald een alledaagse ingrediënt voor een gerecht. De gasten die op deze kille novemberavond aanschuiven voor de derde editie van ’Aan de boer…

詳しくはこちら

EU法ではCRISPR-Casの実験の余地なし

2018年11月5日 - コメントを残す

EU法ではCRISPR-Casの実験の余地なし 農業・自然・食品品質(LNV)Schouten 大臣は持続可能な農業のため、CRISPR-CASなど新しい育種技術を認めたいのですが、Kai Purnhagen 弁護士によれば現在のEU法では遺伝子組み換え植物と同等の複雑、高価、時間のかかる安全手順が必要なためほとんど可能性はないと述べています。欧州司法裁判所がこの夏、新しい育種技術は、遺伝子組み換え作物として扱われるべきであると判決を下したためです。一方欧州司法裁判所は2001年突然変異誘発技術は例外と認めているので、CRISPR-CASが例外と認められる可能性もないわけではありませんが、それまでは実験の余地もありません。 #CRISPR-Cas #遺伝子組み換え植物 Wageningen UR 2018年11月5日 RESOURCE.WUR.NL ‘Geen experimenteerruimte voor CRISPR-Cas’ Landbouwminister Carola Schouten wil experimenteerruimte voor CRISPR-Cas om sneller gewassen te kunnen veredelen. Mooi gezegd, maar die ruimte is er nu niet in de EU-wetgeving, zegt de Wageningse jurist Kai Purnhagen.

詳しくはこちら

Monsanto のブロッコリー特許不認可

- コメントを残す

Monsanto のブロッコリー特許不認可 欧州特許庁は10月30日従来の育種法で出来た茎の長い機械収穫に適したMonsanto ブロッコリーの特許の延長を拒否しました。2017年6月特許法の改正以来初めての取り消しです。法改正後は従来育種で得られた機能には特許が与えられません。 #ブロッコリー特許 Bionext 2018年11月5日 BIONEXT.NL De broccoli is bevrijd! Patent op klassiek veredelde broccoli verworpen – Nieuws – Bionext Op dinsdag 30 oktober heeft Het Europees Octrooi Bureau (EOB) het patent van Monsanto op de…

詳しくはこちら

Westland 温室園芸 6億5000万m3/年の天然ガス節約可能

2018年11月1日 - コメントを残す

Westland 温室園芸 6億5000万m3/年の天然ガス節約可能 Westland 温室園芸企業家は暖房ネットワークの設立を願っています。地熱、バイオマス、港工場廃熱、トリジェネレーションを接続、共同管理することによって 6億5000万m3/年の天然ガスを節約することが可能となります。これにより温室だけでなく、一般家庭の暖房にも使えます。これには大型暖房配管、CO2配管の設置など3億6000万〜6億5000万ユーロの投資が必要になります。農協、生産者はこの設備を独立した専門組織が行うのが望ましいとしています。 #トリジェネレーション LTO Glaskracht Nederland 2018年11月1日 LTOGLASKRACHTNEDERLAND.NL www.ltoglaskrachtnederland.nl

詳しくはこちら