ブログのカテゴリー

キャベツ黒腐れ病の遺伝的研究始まる

2019年5月22日 - コメントを残す

キャベツ黒腐れ病の遺伝的研究始まる アムステルダム大学 Swammerdam Institute for Life Sciences 研究所と種苗会社 Bejo Zaden と Rijk Zwaan は共同でキャベツ黒腐れ病の遺伝的研究を始めます。 細菌 Xanthomonas campestris によって起こる黒腐れ病は抵抗性育種素材が少なく、現在は銅含有殺菌剤が使われていますが、効果があまり期待できません。 研究者達はこの細菌が宿主の葉の水孔から侵入するメカニズムに焦点を当てています。これを解明することにより耐病性へ繋げていきたいと望んでいます。 #黒腐れ病 Universiteit van Amsterdam 2019年5月22日 このウェブサイトについて UVA.NL Waarom zijn koolgewassen zo kwetsbaar voor zwartrot? – Universiteit van Amsterdam Vergeling aan de bladranden en zwartnervigheid bij broccoli, bloemkool, spruitjes, radijs of waterkers. De plantenziekte zwartrot veroorzaakt wereldwijd […]

詳しくはこちら

小型風車建設へ

2019年5月21日 - コメントを残す

小型風車建設へ 多くの農業経営者は持続可能な農業のために高さ25m以下の小型風車の建設を希望していますが、多くの自治体で許可されていません。 LTO Noord 農協は地域エネルギー戦略を通じ小型風力発電を促進したいと考えています。農村での大規模風力発電プロジェクトよりも各農家での小型風力発電の方が利点が多いです。 #風力発電 LTO Noord 2019年5月21日 LTONOORD.NL Boerderijwind blijft een gewiekst plan! Kleinschalige windmolens (maximaal 25 meter hoogte) zijn voor veel agrarische ondernemers een kans om het eigen energieverbruik te verduurzamen. Toch blijkt het in veel gemeenten (nog) niet mogelijk om deze vorm van windenergie op het erf te benutten.

詳しくはこちら

CRISPR-Cas についてリスクではなく持続可能な園芸、農家の利益について議論すべき

- コメントを残す

CRISPR-Cas についてリスクではなく持続可能な園芸、農家の利益について議論すべき 5月20日に開かれたCRISPR-Cas 討論会で Wageningen 大学 John van der Oost 微生物学教授は CRISPR-Cas 法は従来の育種技術よりも安全であると述べました。従来の化学物質や放射線照射による突然変異誘発はトマトの場合、無作為に1000万〜2000万塩基に影響を与え、その安全性を確認する方法はありません。一方 CRISPR-Cas 法は狙った20〜30塩基を切断し、それが成功したか確認できます。 Rathenau 研究所のMichelle Habets 氏は CRISPR-Cas 法 により耐病性育種が進み、持続可能な園芸が可能となり大企業による寡占が防げ、農家の利益にもなると語りました。 #CRISPR-Cas #ゲノム編集 Wageningen UR 2019年5月21日 RESOURCE.WUR.NL Debat over CRISPR-Cas: focus niet alleen op risico’s CRISPR-Cas is veiliger dan traditionele veredelingstechnieken, stelde John van der Oost tijdens het Resource-debat over CRISPR-Cas op 20 mei […]

詳しくはこちら

技術革新への補助金申込み始まる

2019年5月14日 - コメントを残す

技術革新への補助金申込み始まる Westland は100年以上にわたって温室園芸の世界的見本として生産者、温室建設会社、温室設備会社、物流会社など多くの温室園芸関連会社、研究機関が食料の安全、持続可能な園芸のために技術革新を進めてきました。 Westland の地位を保ち、環境と雇用にも配慮し、革新的な技術を開発するために経済支援を行います。 第1回目の補助金申込みは2019年5月8日から2019年6月8日まで、第2回目は2019年10月に行われ、各々€225,000が利用可能です。 #Westland Westland 自治体 2019年5月14日 GEMEENTEWESTLAND.NL Gemeente Westland: Subsidieregeling Kennis en Innovatie Westland Bent u ondernemer, bent u werkzaam voor een kennisorganisatie of neemt u deel aan een consortium van publieke- en private organisaties? En heeft u een project of een gedegen plan dat bijdraagt aan de kennis en innovatiekracht […]

詳しくはこちら

香水用バラの生産増加

2019年5月13日 - コメントを残す

香水用バラの生産増加 モロッコでは政府の肝煎りで香水用バラの生産が2007年2500トン/年から2018年3350トン/年まで増加しました。農水省は「モロッコグリーン」計画を立て、農家と地場産業の育成に努めました。 栽培面積は880ha となりブルガリアとトルコに次ぐ世界第3位となりました。 #バラ香水 Nieuws Marokko 2019年5月13日 NIEUWS.MAROKKO.NL Marokko investeert in rozen De productie steeg van 2.500 ton per jaar tot meer dan 3.300 ton. Marokko wereldwijd 3e, Na Bulgarije en Turkije.

詳しくはこちら

農学系高等教育に助成金150万ユーロ

2019年5月9日 - コメントを残す

農学系高等教育に助成金150万ユーロ オランダ科学研究機構(NWO)は持続可能な園芸、食料に関して、学生と生産者が実践的な知識を得るための研究に助成金150万ユーロを出すように提案しました。 気候変動に伴い、温室園芸は1メガトンのCO2削減が求められています。「新しい栽培方法」は省エネを行いつつ、生産量と品質維持、病気の予防を兼ねた革新的な栽培方法です。この栽培戦略知識を学生や生産者へ広めることが課題です。 このプロジェクトは3つの課題があります。 1)MBO、HBO教育機関での「新しい栽培方法」知識の伝達 2)「新しい栽培方法」の生産者への受け入れ 3)「新しい栽培方法」移行のための段階的計画の開発 予算は150万ユーロ。申請期限:2019年5月28日14時まで、最大150万ユーロまで申請できます。 #Het Nieuwe Telen 官報 2019年5月9日 ZOEK.OFFICIELEBEKENDMAKINGEN.NL Staatscourant 2019, 25464 | Overheid.nl > Officiële bekendmakingen Het Nationaal Regieorgaan Praktijkgericht Onderzoek SIA (hierna te noemen Regieorgaan SIA), onderdeel van de Nederlandse Organisatie voor Wetenschappelijk Onderzoek (NWO), heeft als taak de ontwikkeling van…

詳しくはこちら


  次のページ