ブログのカテゴリー

モロッコの冬野菜増加

2019年5月31日 - コメントを残す

モロッコの冬野菜増加 冬季間の野菜産地として従来のスペイン、イタリアに代わり、モロッコの存在感が増しています。 気象温暖化の影響でここ数年スペインの野菜生産が不調に終わりました。その為、オランダ、イギリス、スペインの野菜生産、流通業者は盛夏を除き1年中野菜生産の出来るモロッコからの輸入を増やしています。過去10年で51%の増加です。 #モロッコ agfprimeur 2019年5月31日 AGFPRIMEUR.NL AGF Primeur

詳しくはこちら

Brabant 州はオランダ第二位のアスパラガス州

2019年5月30日 - コメントを残す

Brabant 州はオランダ第二位のアスパラガス州 オランダ中央統計局 CBS の新しい統計によればアスパラガス栽培面積の1/3に当たる1317ha が Brabant 州にあります。一番多いのは Limburg 州で60%に当たる2348ha の面積があります。 2018年度の収穫量は1900万キロ、2017年度の2080万キロより9%少ないものでした。 他の作物同様生産農家数は2000年の1370軒より2018年の614軒に半減しましたが、栽培面積は逆に2000年の2084ha から2018年3855 ha へ85%も増加しました。 #アスパラガス omroepbrabant 2019年5月30日 このウェブサイトについて OMROEPBRABANT.NL Brabant tweede aspergeprovincie van Nederland: verdubbeling aspergevelden in Geldrop-Mierlo [KAART] Ruim een derde van het aantal aspergevelden in Nederland ligt in Brabant. Dat blijkt uit cijfers van het CBS. Dat komt neer op 1317 […]

詳しくはこちら

6次産業農家売り上げ倍増

2019年5月29日 - コメントを残す

6次産業農家売り上げ倍増 Wageningen Economic Research 「6次産業報告書2007年〜2018年」によると大規模6次産業農家の平均売上高は2013年の20万ユーロより2018年の40万ユーロへ倍増しました。 6次産業農家数は季節限定も含めると2013年の2720軒から2018年の3160軒へ15%増加しました。 庭先販売もイチゴ、卵、牛乳自動販売機の導入により増加しました。合計1250軒が行い、小規模農家600軒の平均売り上げ 5000ユーロ/年、大規模農家650軒の平均売り上げは 97000ユーロ/年に達します。 農家から直接消費者へ販売するウェブ通信販売はあまりありません。これは主に専門会社が行います。ウェブ通信販売市場規模は3,000万ユーロ、農家の取り分は2,000万ユーロと見積もられています。 LTO Nederland 農協は観光農園、教育農園、介護農園、保育農園、自然管理農園など6次産業市場規模を15~20億ユーロと推定しています。農協は農林水産・自然・食品省と共同で農業経営者が参入しやすいように5月29日に6次産業農業プラットフォームを設​​立しました。 #6次産業農家 Wageningen Economic Research 2019年5月29日 LIBRARY.WUR.NL library.wur.nl

詳しくはこちら

キャベツ黒腐れ病の遺伝的研究始まる

2019年5月22日 - コメントを残す

キャベツ黒腐れ病の遺伝的研究始まる アムステルダム大学 Swammerdam Institute for Life Sciences 研究所と種苗会社 Bejo Zaden と Rijk Zwaan は共同でキャベツ黒腐れ病の遺伝的研究を始めます。 細菌 Xanthomonas campestris によって起こる黒腐れ病は抵抗性育種素材が少なく、現在は銅含有殺菌剤が使われていますが、効果があまり期待できません。 研究者達はこの細菌が宿主の葉の水孔から侵入するメカニズムに焦点を当てています。これを解明することにより耐病性へ繋げていきたいと望んでいます。 #黒腐れ病 Universiteit van Amsterdam 2019年5月22日 このウェブサイトについて UVA.NL Waarom zijn koolgewassen zo kwetsbaar voor zwartrot? – Universiteit van Amsterdam Vergeling aan de bladranden en zwartnervigheid bij broccoli, bloemkool, spruitjes, radijs of waterkers. De plantenziekte zwartrot veroorzaakt wereldwijd […]

詳しくはこちら

小型風車建設へ

2019年5月21日 - コメントを残す

小型風車建設へ 多くの農業経営者は持続可能な農業のために高さ25m以下の小型風車の建設を希望していますが、多くの自治体で許可されていません。 LTO Noord 農協は地域エネルギー戦略を通じ小型風力発電を促進したいと考えています。農村での大規模風力発電プロジェクトよりも各農家での小型風力発電の方が利点が多いです。 #風力発電 LTO Noord 2019年5月21日 LTONOORD.NL Boerderijwind blijft een gewiekst plan! Kleinschalige windmolens (maximaal 25 meter hoogte) zijn voor veel agrarische ondernemers een kans om het eigen energieverbruik te verduurzamen. Toch blijkt het in veel gemeenten (nog) niet mogelijk om deze vorm van windenergie op het erf te benutten.

詳しくはこちら

CRISPR-Cas についてリスクではなく持続可能な園芸、農家の利益について議論すべき

- コメントを残す

CRISPR-Cas についてリスクではなく持続可能な園芸、農家の利益について議論すべき 5月20日に開かれたCRISPR-Cas 討論会で Wageningen 大学 John van der Oost 微生物学教授は CRISPR-Cas 法は従来の育種技術よりも安全であると述べました。従来の化学物質や放射線照射による突然変異誘発はトマトの場合、無作為に1000万〜2000万塩基に影響を与え、その安全性を確認する方法はありません。一方 CRISPR-Cas 法は狙った20〜30塩基を切断し、それが成功したか確認できます。 Rathenau 研究所のMichelle Habets 氏は CRISPR-Cas 法 により耐病性育種が進み、持続可能な園芸が可能となり大企業による寡占が防げ、農家の利益にもなると語りました。 #CRISPR-Cas #ゲノム編集 Wageningen UR 2019年5月21日 RESOURCE.WUR.NL Debat over CRISPR-Cas: focus niet alleen op risico’s CRISPR-Cas is veiliger dan traditionele veredelingstechnieken, stelde John van der Oost tijdens het Resource-debat over CRISPR-Cas op 20 mei […]

詳しくはこちら


  次のページ