ブログのカテゴリー

キクの水耕栽培

2019年8月30日 - コメントを残す

キクの水耕栽培 Proeftuin Zwaagdijk 試験場ではこれまで品種‘Pina Colada’を用い10作以上、キクの水耕栽培を行いました。試験の目的は栄養成長期と長日条件下での最適栽培条件を探すことです。長日下での初期生育では葉の黄変が見られます。短日条件下では問題なく生育します。 施肥、微気候、照度について調べました。結果、照度が大きく影響を与えました。遮光をした植物は黄変が少なかったです。水面からの反射光も影響します。特に植え付け直後は葉数が少ない為、影響が現れました。水耕栽培では遮光、照度管理が重要です。 品種選定: 12品種を試験しました。発根の容易さ、生育には明らかな品種間差異があります。’Aristotle’、‘Bride’ 、‘Baltica’ ではほとんど黄変は見られませんでしたが、‘Pina Cola’ と ‘Purple Star’ は黄変に敏感でした。 #キクの水耕栽培 glastuinbouwnederland 2019年8月30日 GLASTUINBOUWNEDERLAND.NL Chrysant op water is ook nieuw leren telen – Glastuinbouw Nederland Proeftuin Zwaagdijk heeft dit jaar tot nu toe tien proeven uitgevoerd met chrysant op water. Het betrof met name de cultivar ‘Pina Colada’. De proeven […]

詳しくはこちら

Westland にある建築物の48%は温室です

2019年8月26日 - コメントを残す

Westland にある建築物の48%は温室です Westland の76%に当たる土地に建物があり、そのうち48%はガラス温室です。 オランダ一番のガラス温室密集地帯です。 #温室 #Westland CBS 2019年8月26日 CBS.NL Meer grond voor woningen en bedrijven In 20 jaar tijd is er in Nederland per saldo 59,2 duizend hectare bij gekomen voor wonen, werken en infrastructuur. Bijna 90 procent hiervan is nieuw woon- en werkterrein. In West-Nederland was de groei van woon- en werkterrein het […]

詳しくはこちら

出身国以外のEUで働くヨーロッパ人はますます増えています

2019年8月22日 - コメントを残す

出身国以外のEUで働くヨーロッパ人はますます増えています 125,000人のポーランド人は隣国ドイツ出稼ぎに出ています。オランダはポーランド人にとって2番目の人気国、14,000人のポーランド人が季節労働者として出稼ぎに来ています。また25万人のポーランド人がオランダに定住、働いています。 #移民労働者 Eurostat 2019年8月22日 このウェブサイトについて EC.EUROPA.EU People on the move People in today’s Europe are on the move much more than ever before. This mobility can be viewed from many angles, as there are many reasons for moving: migration, education, work or tourism…

詳しくはこちら

隣人へ20,000ユーロ補償

2019年8月14日 - コメントを残す

隣人へ20,000ユーロ補償 ハーグ裁判所は、球根栽培している隣人の畑にヒヤシンス黄腐病 Xanthomonas hyacinthi を伝染させたとして 20,000ユーロの損害賠償及び裁判費用を支払うよう判決を下しました。 被告は自分の畑でヒヤシンス黄腐病を発見しましたが、十分な処置を取らなかったと判断されました。 #ヒヤシンス黄腐病 #Xanthomonas hyacinthi 裁判所 2019年8月14日 UITSPRAKEN.RECHTSPRAAK.NL ECLI:NL:RBDHA:2018:16415, Rechtbank Den Haag, C/09/547282 / HA ZA 18-136 Het proces-verbaal van comparitie is buiten aanwezigheid van partijen opgemaakt. Partijen zijn in de gelegenheid gesteld opmerkingen te maken…

詳しくはこちら

ゾウムシ控訴審農家勝訴

2019年8月6日 - コメントを残す

ゾウムシ控訴審農家勝訴 2012年パプリカ栽培農家はゾウムシが発見されたため、オランダ食品・消費者安全局(NVWA)より廃棄処分を求められました。様々な法的判断の末、農林水産省は費用の半分として2016年に44,000ユーロを支払いました。 農林水産省は当初病害虫発生は通常の事業責任であると主張しましたが、栽培農家は病害虫発生は予測不可能であり、次作用の苗をも処分し、適切に処置したことにより蔓延を防いだと主張しました。 通商産業控訴裁判所(CBb)は損害補償補助金の定義を広く解釈し、次作用の苗をも処分した費用も考慮するべきであると判決しました。 #ゾウムシ 検察 2019年8月6日 UITSPRAKEN.RECHTSPRAAK.NL ECLI:NL:CBB:2019:315, College van Beroep voor het bedrijfsleven, 18/2523 Bij besluit van 15 november 2012 heeft de inspecteur-generaal van de Nederlandse Voedsel en Waren Autoriteit (NVWA), in verband met de…

詳しくはこちら

ToBRFVトマトウイルスまだ発見されず

2019年8月5日 - コメントを残す

ToBRFVトマトウイルスまだ発見されず 昨年ドイツ North Rhine-Westphalia 地区のトマト温室で発見されたToBRFVは、12月にはイタリア・シシリア島で発見、今年の4月には中国でも発見され大問題となっています。 オランダ食品・消費者安全局(NVWA)は欧州委員会の命令を受け、無作為に選ばれたトマト温室17社を検査しましたが、ウイルスは発見されませんでした。 ToBRFVは発見された場合、速やかに EPPO や IPPC などの国際病理機関へ報告し、農家の負担で廃棄、消毒することが法的に義務付けられています。 #Tomato brown rugose fruit virus gfactueel 2019年8月5日 GFACTUEEL.NL NVWA vindt geen tomatenvirus ToBRFV na inspecties De NVWA trof geen besmettingen met ToBRFV aan na inspecties op 17 tomatenbedrijven.

詳しくはこちら


  次のページ