オランダ種苗会社のOpen Day 9月27日

2013年9月27日 - コメントを残す



DSCN2476 DSCN2442 DSCN2444 DSCN2451 DSCN2456 DSCN2472 DSCN2473 DSCN2475 DSCN2476 DSCN2460 DSCN2467 DSCN2445

毎年恒例のOpen Day今回はSyngenta、 Limagrain group (Nickerson-Zwaan Vilmorin Clause)、 Bejo Zadenの3カ所訪れました。
Syngenta
Andijk の農場で行われました。農薬系種苗会社の故、品種展示の他農薬処理展示も多くありました。
注目した品目
Pinkstar、Pinkton ピンク甘藍 従来の赤甘藍は調理後どす黒い赤になるが、これらはきれいなピンク色に染まる。
試交LS11856 Icecos と言われるIceberg タイプとCos タイプの交雑種。新しいタイプ。
試交LS11502 Open Iceberg 開張性のIceberg タイプ。
試交CA752 オレンジ色のカリフラワー オランダのナショナルカラー。
試交B1532 Rosette sprouts と呼ばれる非結球子持ち甘藍。

Limagrain group (Nickerson-Zwaan Vilmorin Clause)が合同でDirkshornで展示しました。
注目した品目
Nickerson-Zwaan
Tinty 赤ポインテッド甘藍 従来の赤甘藍より肉質が柔らかく、密植小玉作りが出来る。
Vilmorin
Goldfinger 黄色ニンジン 甘い。
Vilmorinに出向されてる日本人の方とお話ししました。

Bejo Zaden
ここを最初に訪れるべきでした。展示規模、訪問者とも訪れた中では断然多く、見るべき物もたくさんありました。さすが甘藍、タマネギ、ニンジンではヨーロッパ一番の会社。Syngentaとは対照的に有機栽培畑の展示があり有機栽培で採種した有機栽培用の品種が140品種以上ありました。
注目した品目
Rainbouw Mixニンジン オレンジ、白、黄色、紫の混合、家庭菜園に最適。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です