Bayer CropScience 歩どまりの良いナタネ開発

2016年12月13日 - コメントを残す



Bayer CropScience 歩どまりの良いナタネ開発
Gent にあるBayer CropScience では北米向けの莢の強いナタネを化学的突然変異誘発によって作成しました。これは遺伝子組換えではありません。欧州向け品種は2020年に発売予定です。同じ仕組みで小麦も育種をしています。ナタネはヤシ油、大豆に次ぐ第3の油料作物で、クセがない食味、飽和酸含量が少ないことより人気があります。莢が壊れやすいことより収穫時に10〜15%損失があります。Bayer CropScience では San Diego 大学と共同で莢の分離層を形成する遺伝子を発見、化学的突然変異によって莢が取れにくいナタネを育種しました。
VILT 2016年12月13日

Meer opbrengst dankzij stevigere ‘Gentse’ koolzaadpeul
Meer opbrengst dankzij stevigere ‘Gentse’ koolzaadpeul
VILT.BE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です