Bloemenbureau Holland Covid-19 の消費者への影響

2021年1月21日 - コメントを残す



コロナ危機第2波が始まる10月下旬から2020年11月上旬にかけて Bloemenbureau Holland の委託を受けた調査会社 Motivaction はドイツ、フランス、イギリス、オランダの消費者にコロナ危機が切花や鉢物に与える影響を調べました。
在宅勤務
消費者の6割が「花があると家庭や職場の環境が快適になる」と答えました。花卉の消費が多い「美的探求者」層では切花で75%、鉢物で76%にもなります。ミレニアル世代でさえも57%が観葉植物があると在宅勤務環境が快適になると答えました。これはコロナ危機前より10%高い数字です。
花の宅配
27%の消費者がコロナ危機が始まってから花や植物を宅配してもらったと答えました。ミレニアル世代のネット購入、宅配は他の層より多いことがわかりました。
財政状態
調査時点では68%が「財務状況はまだ変わっていない」と回答、63%が「今後半年で変わるとは思わない」と回答しています。20%は財務状況がすでに悪化していると結論付け、19%は今後6ヶ月間でこのような状況になると感じています。フランスの消費者は、将来の金融状況について最も悲観的で24%が今後6ヶ月間に金融状況が悪化すると予測しています。対照的に、ドイツの消費者は最も楽観的で13%が今後6ヶ月間に金融状況が悪化すると予想し11%が改善すると考えています。ミレニアル世代(1985-2000年生まれ)は平均よりも財務状況が改善した(15%)と答え、今後6ヶ月でさらに改善すると考えています(13%)。
#オランダ園芸 #コロナ危機
Bloemenbureau Holland 2021年1月21日
Wat doet Covid-19 met consumenten van bloemen en planten?
BLOEMENBUREAUHOLLAND.NL
Wat doet Covid-19 met consumenten van bloemen en planten?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です