ブログ

大麻は最早ヒッピーが吸うものではなく緑色の金塊です

2018年9月26日 - コメントを残す

大麻は最早ヒッピーが吸うものではなく緑色の金塊です アムステルダム映画博物館 Eye の会議室では高価なスーツを纏った男性達と美しく手入れの行き届いた女性達が休憩中にジュースを飲み、サンドイッチを食べていました。一見普通の会議のようでしたが、大麻「緑色の金塊」へ投資したい人達の欧州最初の会議でした。 大麻投資会議の主催者Michael Kraland氏は「市民の自由を閉ざしていた水門は開かれました」と述べました。世界中から研究者、企業家、投資家が集まり、急成長が望まれる医療用、娯楽用大麻について意見を交換しました。Michael Kraland氏「私は投資家として2年間大麻市場を観察し続けたが、今堰が破られました。もう元には戻りません。オランダの大麻文化は成熟しています。犯罪組織から切り離されてコーヒーショップは政府の規制化にあり、自由に楽しむことができます。」と述べました。 Christine Smith氏は2015年Oregon州にて Grön 社を設立(スエーデン語で緑、自然、大地、大麻を表します)大麻入りのチョコレートを製造販売しています。近いうちに毎日大麻を食べることが標準になる事を確信しています。 通信会社 Versatel社の設立者、Gary Mesch氏は大麻関連の会社を起こす予定です。「なぜしないの? 我々には技術、知識、経験、資金があり、世界の80%の人がすでに化粧品、食品、健康食品として消費しています。最も魅力的な大麻市場は合法化へ進んでいます。」 カナダではすでに10月中旬より娯楽用大麻が合法化となり、アメリカのいくつかの州でも自由になりました。Heineken、Corona、Coca-Cola 各社は大麻エキス入り飲料の開発にすでに数十億を投資しています。 Prohibition Partners の欧州大麻調査報告書によればヨーロッパでの大麻市場は2028年1157億ユーロ、オランダ市場は54億ユーロと予想されています。 #大麻合法 Trouw 2018年9月26日 TROUW.NL Cannabis is niet alleen voor blowende hippies het groene goud De tijd dat het beeld van cannabis bepaald werd door coffeeshops vol blowende hippies is voorbij. Er kan een miljardenmarkt ontstaan voor […]

詳しくはこちら

商業的に価値のある種子だけが残った

2018年9月25日 - コメントを残す

商業的に価値のある種子だけが残った VZW Vitale Rassen は固定種を扱う会社です。昔は農家が自分で栽培する作物の種子を自分で増やしていました。しかしその仕事は現在種子会社へ移行してしまいました。ベルギーではオランダより長い間チコリーやパセリの自家採種が行われていました。しかし、それらの品種は世代が経るにしたがい、もう無くなってしまいました。 生物多様性が低下し、商業的に価値のある種子だけが残りました。VZW Vitale Rassen はその傾向を変えたいと思っています。幸い有機農法は我々の活動に注目してくれています。我々は植物を育て、種子を取り、また育てます。これは有機農法の概念に完全に適合します。また我々は種子は社会共通の利益であり、種子会社のものではないと考えます。 #固定種 #有機農法 VZW Vitale Rassen 2018年9月25日 ZELFZADENTELEN.BE www.zelfzadentelen.be

詳しくはこちら

2017年度切り花輸出入統計

2018年9月24日 - コメントを残す

切り花輸出入統計 2017年度切り花の貿易は78億ユーロまで拡大しました。輸出ではオランダは50%のシェアーを持ち、断トツ一位です。10年前は60%でした。 輸入ではアメリカが18%で一位、オランダは15%で二位でした。 #切り花統計 Fruit & Vegetable Facts 2018年9月24日 FRUITANDVEGETABLEFACTS.COM AANDEEL NEDERLAND OP WERELDMARKT SNIJBLOEMEN DAALT | Fruit and Vegetables facts Door Jan Kees Boon op zo, 09/23/2018 – 16:21 Period: 2018 tot 2019De internationale handel in…

詳しくはこちら

ブロッコリーの特許はどうなる?

2018年9月21日 - コメントを残す

ブロッコリーの特許はどうなる? 2013年7月12日欧州特許庁(EPO)は Seminis 社へ従来の育種技術で得られた長い茎のブロッコリーに特許を与えました。しかし、この特性は発明ではなく、ブロッコリーにすでにある性質です。2014年3月より多くの団体が異議申し立てを行いました。2017年6月欧州特許庁は法改正を行い、従来の育種技術で得られた特性に特許を与えないことにしました。 Seminis 社の特許に対する控訴は引き続き行われ、9月19日に予定されていたヒアリングがキャンセルされました。数週間後、最終決定が下されます。 #植物特許 #ブロッコリー Bionext 2018年9月21日 BIONEXT.NL Bezwaarprocedure tegen patent op klassiek veredelde broccoli met lange steel – Nieuws – Bionext Op 12 juli 2013 heeft het Europees Octrooi Bureau (EOB) patent verleend aan Seminis (een van de…

詳しくはこちら

Spinoza 受賞者John van der Oost 氏「地球上の生命は全て遺伝子組み換え生物」

2018年9月19日 - コメントを残す

Spinoza 受賞者John van der Oost 氏「地球上の生命は全て遺伝子組み換え生物」 John van der Oost氏はゲノム編集におけるCRISPR-Casの研究で、オランダ科学界の最高賞スピノザ賞(Spinoza Prize)賞金250万ユーロを受賞しました。この賞金を基にDNAを切断する物質をさらに開発する予定です。また彼は中高校生向けに遺伝子組み換え生物(GMOs)に関する議論を復活させたいと考えています。 「地球上の生命はDNAの減数分裂と複製を介して世代を重ねます。この複製の際に乗換えが発生し、DNAの断片が組み換えされます。遺伝子組み換えは自然界で非常に頻繁に起こる現象です。それは自然の進化の源です。その意味で私たちはすべて遺伝子組み換え生物なのです。」 #遺伝子組み換え生物 #ゲノム編集 ここまで言い切れるとは流石です。 Wageningen University & Research 2018年9月19日 WUR.NL Spinozawinnaar John van der Oost wil gmo-discussie aanwakkeren Microbioloog John van der Oost gaat zijn Spinozapremie van 2,5 miljoen euro gebruiken om meer gereedschap te ontwikkelen om DNA te knippen. Maar hij wil met […]

詳しくはこちら

内閣 Wageningen 大学研究所応用研究に多くの資金

2018年9月18日 - コメントを残す

内閣 Wageningen 大学研究所応用研究に多くの資金 Wageningen 大学研究所での応用研究に内閣は2019年度構造的予算を1320万ユーロへ増額しました。これとは別枠でミッション活動費として2019年度460万ユーロ、2020年度1220万ユーロを計上しました。農林水産、自然、食品省 Schouten 大臣が発表しました。農業、自然、食品関連の高等教育機関での技術革新にも構造的予算440万ユーロ、さらに別枠で440万ユーロの追加費用が利用可能となります。 #Wageningen 大学研究所 #大学予算 日本の大学で予算が削られている中、オランダが羨ましいです。 農林水産、自然、食品省 2018年9月18日 14_Landbouw_Natuur_en_Voedselkwaliteit.pdf

詳しくはこちら


前のページ  次のページ