ブログ

EU法ではCRISPR-Casの実験の余地なし

2018年11月5日 - コメントを残す

EU法ではCRISPR-Casの実験の余地なし 農業・自然・食品品質(LNV)Schouten 大臣は持続可能な農業のため、CRISPR-CASなど新しい育種技術を認めたいのですが、Kai Purnhagen 弁護士によれば現在のEU法では遺伝子組み換え植物と同等の複雑、高価、時間のかかる安全手順が必要なためほとんど可能性はないと述べています。欧州司法裁判所がこの夏、新しい育種技術は、遺伝子組み換え作物として扱われるべきであると判決を下したためです。一方欧州司法裁判所は2001年突然変異誘発技術は例外と認めているので、CRISPR-CASが例外と認められる可能性もないわけではありませんが、それまでは実験の余地もありません。 #CRISPR-Cas #遺伝子組み換え植物 Wageningen UR 2018年11月5日 RESOURCE.WUR.NL ‘Geen experimenteerruimte voor CRISPR-Cas’ Landbouwminister Carola Schouten wil experimenteerruimte voor CRISPR-Cas om sneller gewassen te kunnen veredelen. Mooi gezegd, maar die ruimte is er nu niet in de EU-wetgeving, zegt de Wageningse jurist Kai Purnhagen.

詳しくはこちら

Monsanto のブロッコリー特許不認可

- コメントを残す

Monsanto のブロッコリー特許不認可 欧州特許庁は10月30日従来の育種法で出来た茎の長い機械収穫に適したMonsanto ブロッコリーの特許の延長を拒否しました。2017年6月特許法の改正以来初めての取り消しです。法改正後は従来育種で得られた機能には特許が与えられません。 #ブロッコリー特許 Bionext 2018年11月5日 BIONEXT.NL De broccoli is bevrijd! Patent op klassiek veredelde broccoli verworpen – Nieuws – Bionext Op dinsdag 30 oktober heeft Het Europees Octrooi Bureau (EOB) het patent van Monsanto op de…

詳しくはこちら

Westland 温室園芸 6億5000万m3/年の天然ガス節約可能

2018年11月1日 - コメントを残す

Westland 温室園芸 6億5000万m3/年の天然ガス節約可能 Westland 温室園芸企業家は暖房ネットワークの設立を願っています。地熱、バイオマス、港工場廃熱、トリジェネレーションを接続、共同管理することによって 6億5000万m3/年の天然ガスを節約することが可能となります。これにより温室だけでなく、一般家庭の暖房にも使えます。これには大型暖房配管、CO2配管の設置など3億6000万〜6億5000万ユーロの投資が必要になります。農協、生産者はこの設備を独立した専門組織が行うのが望ましいとしています。 #トリジェネレーション LTO Glaskracht Nederland 2018年11月1日 LTOGLASKRACHTNEDERLAND.NL www.ltoglaskrachtnederland.nl

詳しくはこちら

2018年度干ばつのためジャガイモ、タマネギ、テンサイ大幅収量減

2018年10月31日 - コメントを残す

2018年度干ばつのためジャガイモ、タマネギ、テンサイ大幅収量減 青果用ジャガイモ収量予想は 23%減の310万トン、播種タマネギは44%減の80万トン、テンサイは13%減の690万トンとなりました。ha あたりの収穫量予想はジャガイモで24%減の40トン、タマネギ43%減の32トン、テンサイ13%減の81トンとなりました。 最終的な収穫量は2019年1月5000軒の農家へアンケート調査の上、決定されます。 #干ばつ CBS 2018年10月31日 CBS.NL Oogstraming 2018 Deze voorlopige ramingen vormen een van de grondslagen voor de Landbouwrekeningen

詳しくはこちら

育種会社 EU より逃避

2018年10月18日 - コメントを残す

育種会社 EU より逃避 この夏、欧州裁判所はCRISPR-Cas法は遺伝子組み換え生物(GMO)の規制を受けると裁定しました。この結果、販売、栽培に長期間、高額になる承認手続を受ける必要があります。米国や日本などの国では、CRISPR-Cas法はこのGMO手続きの対象外となり、育種会社は新しい品種を開発して販売することができます。このため、オランダの育種会社は不利な立場にあると植物科学グループErnst van den Ende局長は警告しています。 #CRISPR-Cas Resource.wur.nl 2018年10月18日 RESOURCE.WUR.NL Innovatie in de verdrukking – Europese uitspraak over CRISPR-Cas heeft grote gevolgen Onderzoeksopdrachten die worden teruggetrokken. Bedrijven die besluiten hun R&D-afdelingen naar buiten Europa te verplaatsen. Langzaam maar zeker wordt duidelijk dat de beslissing van het Europese Hof om CRISPR-Cas als genetische modificatie te […]

詳しくはこちら

チューリップで紙

- コメントを残す

チューリップで紙 CNB は来年100周年を祝います。記念にチューリップ球根でカレンダーを作ることにしました。 Teeuwen en ZN Bv が余剰チューリップの球根を提供、 Bert Lankhoorn 社が球根を磨り潰し、認証付セルロース、接着剤を加え、紙にしました。 #チューリップ CNB 2018年10月18日 CNB.NL CNB.nl | CNB lanceert tulpenbollenpapier Een primeur in bloembollenland. CNB lanceert, in samenwerking met kweker Tinus Teeuwen van de firma Teeuwen en ZN Bv en Bert Lankhoorn papier en karton gemaakt van tulpenbollen overschot.

詳しくはこちら


前のページ  次のページ