ブログ

マリーゴルドはトマトをコナジラミから守る

2019年3月5日 - コメントを残す

マリーゴルドはトマトをコナジラミから守る Newcastle 大学の研究チームは農民の間で知られていたマリーゴールドのコナジラミ忌避作用をトマトを用い証明しました。 有効成分は柑橘類の皮にも含まれるリモネンで、この成分を含む芳香剤でも同じ効果が得られます。 #マリーゴールド #コナジラミ マリーゴールドは線虫にも効く素晴らしい植物 NRC 2019年3月5日 このウェブサイトについて NRC.NL Afrikaantje is goed maatje voor tomaat Biologische bestrijding: Als sierplant zijn ze wat oubollig maar met hun doordringende geur houden ze schadelijke insecten op afstand. Afrikaantjes zijn geknipt voor biologische teelt.

詳しくはこちら

Wageningen 大学4年連続で世界一の農林系大学

2019年2月28日 - コメントを残す

Wageningen 大学4年連続で世界一の農林系大学 QS Global World Ranking で Wageningen 大学は4年連続で世界一の農林系大学に選ばれました。 予算を削られ続けている日本の大学の将来は????? Wageningen UR 2019年2月28日 このウェブサイトについて TOPUNIVERSITIES.COM QS World University Rankings 2019 Discover the world’s top universities. Explore the QS World University Rankings® 2019. 1,000 of the world’s top universities are ranked in the table below, with Massachusetts Institute of Technology (MIT) topping the list for a […]

詳しくはこちら

なぜ酸っぱいレモンと甘いレモンがあるの?

2019年2月26日 - コメントを残す

なぜ酸っぱいレモンと甘いレモンがあるの? 柑橘系の果実に酸っぱい物と甘い物が存在するのには生物学的な仕組みがあり、科学者たちは何十年もの間原因を探し続けてきました。酸っぱくするには酸をポンプで送り込まなければなりません。 アムステルダム大学の研究者たちはペチュニアの研究で酸を送り込む特別なポンプを発見しました。ペチュニアの場合酸を多く含むと花が青くなります。研究の結果、どの遺伝子が酸の量を決定するか判明しました。そこで柑橘系果物から関連遺伝子を探し、その遺伝子が酸の多少に関連あるかを調べました。酸っぱい果実では、遺伝子CitPH1とCitPH5は非常に活性であり、甘い果実ではこれらの遺伝子は不活性でした。これらの遺伝子はブドウやリンゴにもあり、酸の量に影響を与えていました。 #酸っぱい果物 Universiteit van Amsterdam 2019年2月26日 このウェブサイトについて UVA.NL UvA-biologen ontrafelen het mysterie van zure en zoete citroenen – Universiteit van Amsterdam Het was biologen lang een raadsel gesteld hoe citroenen en sommige andere citrusvruchten zo extreem zuur kunnen zijn. Ronald Koes en Francesca Quattrocchio van de Universiteit van Amsterdam hebben dit raadsel opgelost.

詳しくはこちら

ガーデンセンターIntratuinと自然博物館Naturalisは庭の生物多様性を推進

2019年2月21日 - コメントを残す

ガーデンセンターIntratuinと自然博物館Naturalisは庭の生物多様性を推進 オランダの庭の40%はタイルで覆われています。なんと悲しいことでしょうか。緑の植物は健康な環境作りに貢献します。二酸化炭素を吸収し、酸素を供給します。あらゆる種類の昆虫、鳥類、小動物の住処となります。庭のタイルを外し、植物を植え、生物多様性を取り戻しましょう。2月25日よりガーデンセンターIntratuinと自然博物館Naturalisは庭の生物多様性を推進する全国キャンペーン「タイルを外し、植物を植えよう」を開始します。 オランダの庭が占める面積は広大です。サッカー場44,000に匹敵する3万ヘクタールに達します。ここに花、樹木、菜園で一杯になると生物多様性に大きな貢献をします。植物はあらゆる昆虫を育み、それを食べる鳥類、小動物を引きつけ、生態系が維持されます。1990年以来飛翔昆虫は75%、スズメは50%減少しました。 #生物多様性 2019年2月21日  Intratuin、Naturalis https://inspiratie.intratuin.nl/category/biodiversiteit/ https://www.naturalis.nl このウェブサイトについて INSPIRATIE.INTRATUIN.NL Biodiversiteit – Intratuin Biodiversiteit in de tuin, wat is dat precies? En hoe kun je bijen, vlinders en vogels het beste helpen? Wij leggen uit wat je kunt doen óf juist moet laten

詳しくはこちら

トマトの茎が建築資材へ

2019年2月20日 - コメントを残す

トマトの茎が建築資材へ 温室園芸技術革新財団 SIGN とインテリアデザイン会社 GISPEN は共同でトマトの茎から音響パネルなど建築資材を開発しました。従来のロックウール、ポリエステル、MDF より置き換えが可能です。 #トマトの茎 トマトの茎はすでに段ボール箱の材料として使われています。またジーンズの材料として研究開発中です。 GISPEN 2019年2月20日 GISPEN.COM Circulaire materiaalontwikkeling | Lees meer | Gispen Bij Gispen nemen we verantwoording voor onze producten en circulaire materialen. We werken continue aan het verbeteren van de circulaire score van onze producten.

詳しくはこちら

世界のチューリップの1/3は北ホーランド州北端で栽培

2019年2月15日 - コメントを残す

世界のチューリップの1/3は北ホーランド州北端で栽培 北ホーランド州北端は地球上最大の球根栽培地、12000ha で球根が栽培されています。世界の球根の65%がオランダで栽培され、その半分が北ホーランド州北端Hollands Kroon、Schagen、Den Helderに集中しています。 「アムステルダムの北のチューリップ」として観光に結び付けられないか模索しています。 1600年にチューリップがトルコを経由して持ち込まれてから北海に面したハーレムとライデン間の砂質地帯「砂丘球根地帯」de Duinen Bollenstreek にて栽培されてきました。1830年より球根栽培が増加しましたが、この地区は人口密集地でもあったため農地不足になりました。1911年に気候、土壌条件が砂丘球根地帯に似た Anna Paulowna干拓地で栽培が始まり、第2次世界大戦後急激に増加しました。これに次ぐのが Noordoostpolder の2700ha、キューケンホフ公園のある「砂丘球根地帯」は第3位にしか過ぎません。 #球根 #チューリップ 2019年2月15日 Noord Holland Noord NHN.NL nhn.nl

詳しくはこちら


前のページ  次のページ