Bollenstreek(球根地帯)の意味が薄れる

2015年2月13日 - コメントを残す



Bollenstreek(球根地帯)の意味が薄れる
Bollenstreek(球根地帯)の球根生産面積が2007年に比べ、2014年2209haへと549ha減少しました。 Noordwijk では 65% 、Lisse では 45% の減少でした。全国的な球根生産面積は同じため、Bollenstreek(球根地帯)の球根生産面積割合は 2007年の 12%から 2014年の 9% まで減少しました。地域の政治家はこの減少に危機感を覚え、いくつかの対策を講じました。2008年にはBollenstreek(球根地帯)にある2625haの球根畑を「一級球根畑」に指定、5年間の球根栽培を義務付け、面積が減る場合、Bollenstreek(球根地帯)内の他の土地で球根栽培するよう義務付けました。グリーンポート開発庁(GOM)はBollenstreek(球根地帯)の栽培面積を増やすことに勤め、使わなくなった温室、倉庫を球根畑にすることで2011年から2013年の間に15haの球根畑を増やすことに成功しました。球根栽培連合会(KAVB) や農協北部( LTO Noord)の役員達は 中央統計局(CBS)の統計に疑問を抱いています。2000年から2008年の間、球根業界は上手く行っており生産量は増えているにもかかわらず、20% の減少は理解に苦しむとグリーンポート開発庁(GOM)の社長Onno Zwart氏は言いました。
Leidsch Dagblad 2015年2月13日付訳
私が住んでいるHillegomをはじめ、Lisse、 Noordwijk は北海沿岸の砂質土壌で昔から球根栽培が盛んな場所でBollenstreek(球根地帯)と呼ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です