ブログのカテゴリー

Maasdijk 地熱発掘計画遂行

2019年8月5日 - コメントを残す

Maasdijk 地熱発掘計画遂行 Westland 自治体と B&W 機関は Maasdijk Lange Kruisweg 24 の地熱発掘計画を承認しました。ここは再開発指定地域のため、自治体の承認が必要でした。 開発担当会社 Energie Transitie Partners(ETP)は温室園芸起業家と地熱発掘協同組合を設立したい意向です。9月に設立協議が始まり、正式に発足される予定です。 近隣の温室園芸起業家へ参加を呼びかけています。 #地熱利用 Energie Transitie Partners 2019年8月5日 ETP-WESTLAND.NL Aardwarmteproject in Maasdijk kan door! Onlangs heeft het college van B&W van de gemeente Westland ingestemd met een aardwarmteproject op de locatie Lange Kruisweg 24 in Maasdijk. Het besluit was nodig omdat de […]

詳しくはこちら

熱波で被害

2019年7月30日 - コメントを残す

熱波で被害 グラジオラスの畑では日焼けの被害が目立ちました。Heumen にある Theo Theunissen 氏の畑では 3ha のグラジオラスが収穫不能となりました。収穫可能な花を全て収穫しようとしましたが、それは不可能でした。50〜60%に日焼けの被害が出て、損害金額は35,000~40,000ユーロに上ります。 HillegomにあるSjaak van Berkel 氏の畑では20〜30%が被害を受けました。彼は日中も畑に水を撒き続けました。土壌と空気湿度を高く保てれば苞の乾燥が防げ、日焼けの被害が抑えられます。 オランダ南東部のユリにも日焼けの被害が出ていますが、被害状況はまだ不明です。熱波による日焼けの被害は保険ではカバーされません。 #熱波 Greenity 2019年7月30日 GREENITY.NL Schade door de zon | Greenity op meerdere plekken in nederland zijn hectares aan gladiolen verbrand gladiolenkweker theo theunissen uit heumen geeft aan dat het echt heel erg is bij hem zelf

詳しくはこちら

ゲノム編集に関する判決に再び警鐘

2019年7月25日 - コメントを残す

ゲノム編集に関する判決に再び警鐘 ちょうど1年前、欧州司法裁判所は植物へのCRISPR使用は遺伝子組み換え生物に対する法律の対象になると判決しました。それに対し欧州の研究者は「CRISPRなどのゲノム編集技術は従来の育種技術と結果的には区別がつかない。従来の育種技術に比べより早く、簡単に、目標を絞れ、安全である。ゲノム編集が従来育種技術と異なると言う科学的理由がない。より持続可能な農業、食料安全保障の上で必要な革新的技術である。」と警鐘を鳴らしました。 オランダの園芸育種は世界の40%を占めていますが、ゲノム編集が事実上禁止されている現在、その地位は他の国へ奪われることでしょう。 科学者はゲノム編集された作物は現在の食品安全法で十分保証されていると強調しています。 #CRISPR #ゲノム編集 ユトレヒト大学 2019年7月25日 UU.NL Europese wetenschappers trekken aan de bel over EU-besluit genome editing “Het resultaat van genome editing-technieken zoals CRISPR is niet te onderscheiden van traditionele plantenveredeling.”

詳しくはこちら

日本へのオランダ農産物輸出2018年度20%増加

2019年7月16日 - コメントを残す

日本へのオランダ農産物輸出2018年度20%増加 2018年度日本へのオランダの農産物輸出額は20%増加して8億9,200万ユーロとなりました。一番増加率の高かったのは300%増加の温室建築輸出で1850万ユーロでした。動物用飼料の増加率は97%、46200万ユーロとなりました。飲料を含む食品は56%増加の7,460万ユーロです。EPA自由貿易協定が2019年2月1日に発効したことより更なる増加が見込まれています。 日本は良いものにはその対価を払います。オランダは農産物で世界22位、欧州連合では5位の輸出国です。EPA自由貿易協定により主に飲料、チーズ、肉、飲料、ベーカリー製品、菓子類、揚げ物などの加工食品の関税が引き下げられます。これにより今まで日本の食品業界へ原料を供給していたものがより付加価値の高い最終製品へ変更されることが期待されます。 園芸作物ではパプリカの増加率が11.7%、イチゴも11%増加し、280万ユーロとなりました。 人口の高齢化および一人世帯および二人世帯の数の増加により、2021年には全世帯の63%が1人か2人で、4人以上の世帯数は全体の18%まで減少が予想されます。 日本の消費者は国産製品を好みます。オランダ製品のイメージは、食品の安全性の点では優れていますが、味に関してはスペイン、フランス、イタリア、ギリシャ、ドイツ、スカンジナビアなどより劣っています。 #オランダ農産物輸出 Agroberichten Buitenland 2019年7月16日 AGROBERICHTENBUITENLAND.NL Stijgers/dalers van de Nederlandse agro-export naar Japan in 2018 Vorig jaar zagen we een spectaculaire stijging van agro-export naar Japan. De totale agro-export naar dit land steeg in 2018 met bijna 20%, naar maar liefst 892 miljoen euro.

詳しくはこちら

チューリップ増加、ユリ減少

2019年7月15日 - コメントを残す

チューリップ増加、ユリ減少 2019年度の球根栽培面積は前年と同じ 27.560ha でした。一方栽培農家数は40軒減り、1.590軒となりました。チューリップは250ha 増の14.490ha 、ユリは1年物+2年物合計で350 ha 減の6.070ha でした。2年物だけでは190 ha 減の 4.251ha でした。 Oriëntal と OT は微増でしたが、LA は160ha 減の 1.003ha でした。 #球根 #チューリップ #ユリ CBS Greenity 2019年7月15日 BKD.EU www.bkd.eu

詳しくはこちら

温室栽培農家3000を切る

2019年7月10日 - コメントを残す

温室栽培農家3000を切る 温室野菜栽培面積は過去10年5000ha と安定していますが、農家数は2018年度前年の1260から1180へ減少しました。 温室花卉栽培面積は3500ha まで減少、農家数は2018年度前年の1760から1600へ減少しました。 CBS 2019年7月10日 OPENDATA.CBS.NL CBS Statline

詳しくはこちら


  次のページ