ブログのカテゴリー

キャベツ黒腐れ病の遺伝的研究始まる

2019年5月22日 - コメントを残す

キャベツ黒腐れ病の遺伝的研究始まる アムステルダム大学 Swammerdam Institute for Life Sciences 研究所と種苗会社 Bejo Zaden と Rijk Zwaan は共同でキャベツ黒腐れ病の遺伝的研究を始めます。 細菌 Xanthomonas campestris によって起こる黒腐れ病は抵抗性育種素材が少なく、現在は銅含有殺菌剤が使われていますが、効果があまり期待できません。 研究者達はこの細菌が宿主の葉の水孔から侵入するメカニズムに焦点を当てています。これを解明することにより耐病性へ繋げていきたいと望んでいます。 #黒腐れ病 Universiteit van Amsterdam 2019年5月22日 このウェブサイトについて UVA.NL Waarom zijn koolgewassen zo kwetsbaar voor zwartrot? – Universiteit van Amsterdam Vergeling aan de bladranden en zwartnervigheid bij broccoli, bloemkool, spruitjes, radijs of waterkers. De plantenziekte zwartrot veroorzaakt wereldwijd […]

詳しくはこちら

小型風車建設へ

2019年5月21日 - コメントを残す

小型風車建設へ 多くの農業経営者は持続可能な農業のために高さ25m以下の小型風車の建設を希望していますが、多くの自治体で許可されていません。 LTO Noord 農協は地域エネルギー戦略を通じ小型風力発電を促進したいと考えています。農村での大規模風力発電プロジェクトよりも各農家での小型風力発電の方が利点が多いです。 #風力発電 LTO Noord 2019年5月21日 LTONOORD.NL Boerderijwind blijft een gewiekst plan! Kleinschalige windmolens (maximaal 25 meter hoogte) zijn voor veel agrarische ondernemers een kans om het eigen energieverbruik te verduurzamen. Toch blijkt het in veel gemeenten (nog) niet mogelijk om deze vorm van windenergie op het erf te benutten.

詳しくはこちら

CRISPR-Cas についてリスクではなく持続可能な園芸、農家の利益について議論すべき

- コメントを残す

CRISPR-Cas についてリスクではなく持続可能な園芸、農家の利益について議論すべき 5月20日に開かれたCRISPR-Cas 討論会で Wageningen 大学 John van der Oost 微生物学教授は CRISPR-Cas 法は従来の育種技術よりも安全であると述べました。従来の化学物質や放射線照射による突然変異誘発はトマトの場合、無作為に1000万〜2000万塩基に影響を与え、その安全性を確認する方法はありません。一方 CRISPR-Cas 法は狙った20〜30塩基を切断し、それが成功したか確認できます。 Rathenau 研究所のMichelle Habets 氏は CRISPR-Cas 法 により耐病性育種が進み、持続可能な園芸が可能となり大企業による寡占が防げ、農家の利益にもなると語りました。 #CRISPR-Cas #ゲノム編集 Wageningen UR 2019年5月21日 RESOURCE.WUR.NL Debat over CRISPR-Cas: focus niet alleen op risico’s CRISPR-Cas is veiliger dan traditionele veredelingstechnieken, stelde John van der Oost tijdens het Resource-debat over CRISPR-Cas op 20 mei […]

詳しくはこちら

農学系高等教育に助成金150万ユーロ

2019年5月9日 - コメントを残す

農学系高等教育に助成金150万ユーロ オランダ科学研究機構(NWO)は持続可能な園芸、食料に関して、学生と生産者が実践的な知識を得るための研究に助成金150万ユーロを出すように提案しました。 気候変動に伴い、温室園芸は1メガトンのCO2削減が求められています。「新しい栽培方法」は省エネを行いつつ、生産量と品質維持、病気の予防を兼ねた革新的な栽培方法です。この栽培戦略知識を学生や生産者へ広めることが課題です。 このプロジェクトは3つの課題があります。 1)MBO、HBO教育機関での「新しい栽培方法」知識の伝達 2)「新しい栽培方法」の生産者への受け入れ 3)「新しい栽培方法」移行のための段階的計画の開発 予算は150万ユーロ。申請期限:2019年5月28日14時まで、最大150万ユーロまで申請できます。 #Het Nieuwe Telen 官報 2019年5月9日 ZOEK.OFFICIELEBEKENDMAKINGEN.NL Staatscourant 2019, 25464 | Overheid.nl > Officiële bekendmakingen Het Nationaal Regieorgaan Praktijkgericht Onderzoek SIA (hierna te noemen Regieorgaan SIA), onderdeel van de Nederlandse Organisatie voor Wetenschappelijk Onderzoek (NWO), heeft als taak de ontwikkeling van…

詳しくはこちら

大麻もやし発売

2019年5月7日 - コメントを残す

大麻もやし発売 イタリアの Vivo 社は大麻もやしの製造発売を始めました。 大麻もやしはタンパク質とアミノ酸、必須脂肪酸、オメガ6、オメガ3、不飽和脂肪を豊富に含み、心地良い苦味は肉、魚料理またはサラダにもよく合います。 また有機野菜 BIO と GlobalGAP の認証を得ています。 Vivo 2019年5月7日 GERMOGLIVIVO.IT Germogli Bio italiani | Germogli Vivo Scopri germogli biologici e convenzionali prodotti in Italia, altamente nutrienti ed esclusivamente naturali: Germogli Vivo li coltiva per te. Scopri ora.

詳しくはこちら

ソラマメが最も有望なタンパク源

2019年5月4日 - コメントを残す

ソラマメが最も有望なタンパク源 3年間にわたりWageningen 大学研究所と Louis Bolk 研究所は4種類のマメ科植物 Lupinus angustifolius、Lupinus albus、ソラマメ、ダイズよりオランダ露地栽培最適タンパク質源作物を調査しました。 Lupinus angustifolius:3ton/ha の収量が見込まれますが、オランダの気候に適せず ベジタリアン向け食品会社 Vivera 社が撤退した後市場は崩壊しました。現在は飼料用としか利用されたいません。 Lupinus albus:品種数が多く、オランダに適するものもあります。有機ベジタリアン向けに利用販売されています。 ソラマメ:初年度は大変有望視されましたが、2018年度遅霜によりイギリスの品種に大きな被害が出ました。霜が降りる前暖かい時期があった為と思われます。 ダイズ:播種期が遅い為栽培は容易ではありません。また秋の収穫期には乾燥していなければなりません。AgrifirmとAlproの間で栽培契約が出来ましたが、長期的に存続出来るかは不明です。イタリアとルーマニアに大産地があり、彼らに対抗するのは困難です。播種期の早い品種もありますが、収量は低くなります。 将来性:4種類のマメ科植物の内ソラマメが最も有望なタンパク源作物です。しかし、飼料会社はソラマメに十分な価格を提供していません。酪農農家が自分用に栽培する例は既にあります。ソラマメは肉代替食品として既に使用されています。ソラマメにはタンニンをほとんど含まない為、加工が容易で、サラダ、パンの原料にも利用されます。 #ソラマメ Louis Bolk Instituut 2019年5月4日 LOUISBOLK.ORG www.louisbolk.org

詳しくはこちら


  次のページ