ブログのカテゴリー

テンサイ排水をトマトへ

2019年1月24日 - コメントを残す

テンサイ排水をトマトへ テンサイから砂糖を抽出した後の排水をトマト灌水に再利用します。 #テンサイ Suiker Unie 2019年1月24日 このウェブサイトについて LINKEDIN.COM Suiker Unie on LinkedIn: “De suikerbiet bestaat voor 75% uit water. In de glastuinbouw Nieuw Prinsenland wordt dit water hergebruikt en groeien de tomaten op restwater van de suikerbiet. #weekvandeCE #NLCirculair” January 17, 2019: Suiker Unie posted on LinkedIn

詳しくはこちら

新しい硫黄錠剤

2019年1月23日 - コメントを残す

新しい硫黄錠剤 欧州連合、オランダの法律改正により従来の硫黄顆粒、硫黄パイプは2018年10月1日より販売禁止となりました。Nivola社、AFEPASA社、オランダ温室園芸農協は共同で新しい硫黄錠剤を開発しました。 新しい硫黄錠剤は120g/錠剤で、硫黄蒸散機に正確な分量。安全に充填出来ます。 #硫黄 #うどんこ病 Nivola 2019年1月23日 NIVOLA.NL Zwavel tablet » Bestrijdingsmethode tegen de meeldauw » Nivola Vanwege nieuwe Europese regelgeving is er in samenwerking met NIVOLA een speciaal zwavel tablet ontwikkeld! Per 1 oktober 2018 is NIVOLA importeur van de AFEPASA zwaveltabletten en zijn ze te verkrijgen via de bij u bekende groothandels.

詳しくはこちら

Crispr-Casでゲノム編集された作物はカナダを経由してオランダへ

2019年1月19日 - コメントを残す

Crispr-Casでゲノム編集された作物はカナダを経由してオランダへ カナダではCrispr-Cas法は許可されていますが、欧州連合では遺伝子組み換え技術とみなされ、事実上不可能です。一方カナダとEU間ではCeta取引協定があるため、Crispr-Casでゲノム編集された作物はカナダを経由してオランダへ輸出することが出来ます。 カナダではゲノム編集された作物は表示義務がなく、Crispr-Casでゲノム編集された作物は従来の突然異変と遺伝子上差異がないため、見分けがつきません。 #Crispr-Cas #ゲノム編集 #Ceta取引協定 Financieele Dagblad 2019年1月19日 https://fd.nl/…/gemuteerd-voedsel-kan-via-canada-toch-naar-…# このウェブサイトについて FD.NL Gemuteerd voedsel kan via Canada toch naar Nederland Canadees voedsel met genetisch gemanipuleerde ingrediënten kan in Nederland worden geïmporteerd zonder dat iemand dat weet. Dat blijk uit onderzoek van Het Financieele Dagblad. Het gaat om groente, fruit en andere voeding waarvan het dna […]

詳しくはこちら

オランダ農産物輸出903億ユーロ

2019年1月18日 - コメントを残す

オランダ農産物輸出903億ユーロ 2018年度オランダ農産物の輸出は903億ユーロ、前年に比べ 0,2% の増加になりました。 オランダはアメリカに次ぐ世界第2位の農産物輸出国で、全輸出額の 18,2% になります。農産物の輸出品の 72,4% がオランダ産です。農産物の輸入は614億ユーロ、前年比 0.5%増加しました。農業貿易黒字は288億ユーロで、前年同期をわずかに下回りました。この額はオランダ総貿易黒字のほぼ58%に当たります。 価格低迷:輸出入とも量的には2017年より増えたものの価格低迷の結果、金額は相殺されました。 花卉、乳製品、野菜果物が主要品目:切り花、鉢物、球根、樹木などの花卉類輸出額は前年比3%増加の92億ユーロ、乳製品と卵は85億ユーロ、食肉は81億ユーロ、野菜と果物の合計は126億ユーロでした。輸入果物の75%は再輸出されました。 輸出国ドイツが一番:農産物輸出国上位10位は2017年と同じです。この10カ国で輸出総額の72%を占めます。ドイツが25%で一位、続いてベルギー11%、イギリス10%、フランス9%と続きます。 #オランダ農産物輸出 花卉類が一番とはオランダ恐るべし。 CBS 2019年1月18日 CBS.NL Landbouwexport ruim 90 miljard euro in 2018 De export van landbouwgoederen in 2018 wordt geraamd op 90,3 miljard euro, 0,2 procent meer dan in 2017. De export nam toe, maar de prijzen waren lager dan in 2017.

詳しくはこちら

世界のトマト生産10年間で35%以上増加

2019年1月15日 - 1 コメント

世界のトマト生産10年間で35%以上増加 2017年世界で18230100万トンのトマトが生産されました。生産面積は480万ha 、平均3,67kg/m2 の収量でした。オランダが面積当たり最高の収量50,84kg/m2 でした。 中国が最大の生産量5,950万トン、平均収量は5.79kg/m2でした。2位がインドで2,070万トン、次にトルコが1280万トンでした。スペインは、520万トンの生産量で8位でした。オランダは1790ha の栽培面積で、91万トンの収量でした。 #トマト 日本は73万トン、6,14kg/m2 でした。平均収量で世界の2倍、オランダの1/8以下。少な!!! Agroberichten Buitenland 2019年1月15日 AGROBERICHTENBUITENLAND.NL Spanje: een van de belangrijkste tomaatproducenten ter wereld In 2017 produceerde Spanje 4 keer zoveel tomaten als Marokko en 5,5 keer meer dan Nederland. Turkije produceerde op haar beurt tweemaal…

詳しくはこちら

野生種探索

- コメントを残す

野生種探索 オランダ遺伝資源研究センター研究員 Chris Kik 氏は世界中から野生の野菜の種子を集めています。栽培種に関係ある野生種は英語で Crop Wild Relatives(CWR)と呼ばれます。持続可能な栽培のために必要な病害虫に対する抵抗性を持った形質を持っている可能性があります。 オランダで採取するには地主の許可さえあれば良いのですが、海外で探索するにはその国の当局からの許可(多くの場合非常に難しい)が必要です。 #野生種探索 #シードハンター #Crop Wild Relatives CWR 2019年1月15日 PGRPORTAL.NL Gewas Gerelateerde Soorten This website is also available in English. Crop Wild Relatives (CWRs) in NederlandCultuurgewassen produceren het grootste deel van ons dagelijks voedsel. Wilde plantensoorten die verwant zijn aan cultuurgewassen worden vaak aangeduid met de Engelse term […]

詳しくはこちら


  次のページ