ブログのカテゴリー

CRISPR 法によるゲノム編集研究継続

2019年1月15日 - コメントを残す

CRISPR 法によるゲノム編集研究継続 VIB は2017年よりCRISPR 法を用いトウモロコシのゲノム編集野外試験を行ってきました。2018年7月末まではVIBは特別な遺伝子組み換え技術のベルギー連邦政府承認なしに行うことが出来ました。 2018年7月25日欧州司法裁判所の判決 C-528/16 の後、許可を申請、2019年1月9日に連邦政府により承認されました。ゲノム編集された450本のトウモロコシはILVOと共同で野外試験されます。 #CRISPR #ゲノム編集 VIB 2019年1月15日 VIB.BE CRISPR veldproefonderzoek wordt in 2019 voortgezet

詳しくはこちら

Westland 地区の温室面積安定

- コメントを残す

Westland 地区の温室面積安定 現在Westland には587社の園芸生産会社が2297ha で生産活動をしています。野菜は2018年度 5,5% 増加の1048 ha、切り花は548ha、鉢物、苗物は554haでした。 花卉はここ10年減少しました。 #Westland #温室園芸 WOS 2019年1月15日 WOS.NL WOS.nl: Oppervlakte glastuinbouw in Westland stabiel Westland telt momenteel 587 glastuinbouwbedrijven die samen over bijna 2.300 hectare beteelbare oppervlakte beschikken.

詳しくはこちら

報告書「オランダ温室園芸エネルギ−2017年」

- コメントを残す

報告書「オランダ温室園芸エネルギ−2017年」 政府の依頼を受けワーゲニンゲン大学研究所によって作成された「オランダ温室園芸エネルギ−2017年」によれば、2010年より2014年までCO2排出量は減少しましたが、2017年には5.7Mtonから5.9 Mtonに再び増加しました。総エネルギー消費量も2010年から2014年の間に年間96.6 PJまで減少しましたが、2017年には再び102.9 PJまで増加しました。ただ良い兆しは2017年の総エネルギー消費量に占める再生可能エネルギーの割合が6.5%に増加したことです。これは再生可能な電力の購入増加と地熱エネルギーの増加によるものです。 #CO2排出量 ワーゲニンゲン大学研究所 2019年1月15日 LIBRARY.WUR.NL library.wur.nl

詳しくはこちら

Looye Kwekers と RedStar 合併せず

2019年1月14日 - コメントを残す

Looye Kwekers と RedStar 合併せず オランダトマト栽培の大手 Looye Kwekers と RedStar は合併しないことを発表しました。2018年7月3日より合併について話し合いが持たれましたが、両家業の株主の支配について合意に至りませんでした。 オランダトマト栽培面積はは2000年には平均1.8 ha/農家、でしたが規模拡大により2018年には平均7 ha/農家まで増加しました。両社の合併が成功すれば150 ha、売上高1.8億ユーロの会社が誕生するはずでした。 #トマト RedStar 2019年1月14日 REDSTAR.NL Looye Kwekers en RedStar gaan zelfstandig verder » RedStar Looye Kwekers en RedStar gaan zelfstandig verder Geen overeenstemming over zeggenschapHet voorgenomen samengaan van Looye Kwekers en RedStar gaat niet door. Na intensieve gesprekken is geen overeenstemming […]

詳しくはこちら

食は医なり Erasmus Medisch Centrum

2019年1月13日 - コメントを残す

食は医なり Erasmus Medisch Centrum ガン患者団体と野菜生産者は Erasmus 大学 Medisch Centrum へトマトに含まれるリコピンが前立腺がんに有効か調査するように依頼しました。まだ科学的な証拠が少ないので医師はトマトがガンに効くとは指導出来ません。 #リコピン #ガン抑制 #トマト AD 2019年1月13日 このウェブサイトについて AD.NL Artsen en patiënten buigen zich over vraag of tomaten eten helpt tegen ‘die rottige kanker’ Kankerpatiënten en groentetelers hebben het Erasmus Medisch Centrum gevraagd de invloed van voeding op langzaam groeiende prostaatkanker na te gaan. Ze zoeken erkenning voor een […]

詳しくはこちら

CRISPR でレタス灰色カビ病、菌核病抵抗性育種

2019年1月8日 - コメントを残す

CRISPR でレタス灰色カビ病、菌核病抵抗性育種 ノルウェーでは毎年4億kg以上のレタスが販売され、このうち35%がノルウェー産です。レタス栽培においてもっとも大きな問題は灰色カビ病と菌核病ですが、殺菌剤に対する抵抗性が付き、薬剤散布による効果はしばしばありません。そこでノルウェーの研究機関 NIBIO は農薬に代わる環境に優しい解決方法としてゲノム編集技術を使いレタスの抵抗性育種を行いました。 最初に特別なコンピュータープログラムを使用し潜在的病害感受性遺伝子を見つけ、CRISPR 法を使い小さな突然変異を起こし不活性化、病害抵抗性を獲得させました。このゲノム編集されたレタスは従来のレタスと区別がつきません。ゲノム編集は遺伝子組み換え植物のように他の種からの遺伝物質を含んでいません。 #CRISPR #ゲノム編集 nibio 2019年1月8日 NIBIO.NO Soppresistent salat med CRISPR-teknologi – Nibio Råtesopp kan gi store problemer i salatåkeren med ødelagte avlinger og økonomisk tap. Nå vil forskere ved NIBIO bruke genredigeringsteknologien…

詳しくはこちら


前のページ  次のページ