ブログのカテゴリー

光波長と塩類濃度が作物の成長に及ぼす影響

2019年5月3日 - コメントを残す

光波長と塩類濃度が作物の成長に及ぼす影響 今まで個々の非生物的要因の植物生長に対する影響を調べた研究はありましたが、光と塩分濃度の組み合わせがどのように影響するかを遺伝的、分子的レベルで調査をしたのは初めてです。 ユトレヒト大学植物光生物学 Ronald Pierik 教授はワーゲニンゲン大学、アムステルダム大学、マドリード大学と共同で仕組みを解明しました。 塩分ストレスのない状況では、植物ホルモンブラシノステロイドは日陰で成長を促進します。しかし、塩分ストレスがある場合、別のホルモン、アブシジン酸を活性化し、ブラシノステロイドの効果を減少させます。その結果、日陰で徒長することななくなりました。 作物は通常密植されます。徒長を制御することは食料の安定生産に関与します。 #波長 #塩分濃度 ユトレヒト大学  2019年5月3日 UU.NL ‘Snufje zout’ voorkomt te lange landbouwplanten Planten die dicht bij elkaar staan, zoals in de landbouw, groeien sneller de hoogte in en krijgen zwakkere stelen. Een beetje zout houdt die…

詳しくはこちら

Delphy 大麻の専門家

- コメントを残す

Delphy 大麻の専門家 コンサルト会社 Delphy は新しく2名の研究員を雇いました。 両名共ワーゲニンゲン大学修士課程を終了、Jeroen van Veen 研究員は Delphy Improvement Centerで大麻の研究に携わる予定です。 #大麻 Delphy 2019年5月3日 DELPHY.NL Team Delphy Improvement Centre is uitgebreid met 2 nieuwe onderzoekers – Delphy Delphy Improvement Centre heeft het team onderzoekers voor de glastuinbouw opnieuw uitgebreid. In deze tijd van veel ontwikkelingen om de glastuinbouw te verduurzamen en toekomstbestendig te maken, […]

詳しくはこちら

熱併給発電の市場価値

2019年4月30日 - コメントを残す

熱併給発電の市場価値 2019年オランダの熱併給発電の市場価値は再び向上しました。 2020年:Hemweg 石炭発電所は2020年初めに閉鎖されることになり、過剰設備容量はさらに減少しました。ベルギーとフランスで冬季一時的に電力不足に陥る可能性が高くなり、夜間照明と暖房のために稼働する園芸用熱併給発電の電力価格が上昇します。 2022年:ドイツでも褐炭発電は廃止され、過剰設備容量はさらに減少します。夏期は太陽光発電のため電力価格は安価ですが、冬期は上昇するでしょう。自農場照明、暖房用に熱併給発電を稼働させることは非常に有益です。 2025年:オランダ、ドイツの過剰生産能力は消滅し、風と太陽のないときは一時的に電力が不足する事態が予想されます。ドイツでの原子力発電所閉鎖に伴い、ドイツからの電力輸入は減少し、輸出の可能性さえあります。経済成長と電化推進により電力需要は増加、価格も上がるでしょう。ただ持続可能な社会への移行、CO2排出規制により夏期太陽光発電の割合が増え、熱併給発電の投資にはリスクが高まります。 #熱併給発電 #トリジェネレーション kasalsenergiebron 2019年4月30日 KASALSENERGIEBRON.NL Stand barometer WKK per april 2019 – Kas als Energiebron De marktpositie van netleverende gasmotor-WKK is in 2019 wederom verbeterd ten opzicht van een jaar eerder. De overcapaciteit op de Nederlandse elektriciteitsmarkt is verder afgenomen door uitbedrijfname van kolencentrales en industriële WKK’s.

詳しくはこちら

オランダの温室園芸業界は400億ユーロを逃している

2019年4月17日 - コメントを残す

オランダの温室園芸業界は400億ユーロを逃している オランダ温室業界の三人、Wouter Kuiper(KUBO)、Jan Vellekoop(Peter Dekker Installaties)、Marco Smit(Arcadia Chrysanten)は八時のニュースで連立内閣の合意である大麻の栽培合法化を一日も早く進めるべきであると主張しました。オランダには長年にわたって培われた栽培知識、設備があり、合法化により現在の温室園芸作物の五倍に当たる400億ユーロの市場が見込まれます。 #大麻合法化 NOS 2019年4月17日 このウェブサイトについて NPOSTART.NL NOS Journaal gemist? Start met kijken op NPO Start Met het laatste nieuws, gebeurtenissen van nationaal en internationaal belang en de weersverwachting.

詳しくはこちら

泥棒中はトマトを食べてはいけない

2019年4月16日 - コメントを残す

泥棒中はトマトを食べてはいけない 2017年7月にトマト栽培会社 Gebroeders Zwinkels よりコンピュータ、カメラ、測定機器が盗まれた事件について、裁判官は食べたトマトに付いていた DNA より Jim B. (37) の犯行と断定、4ヶ月の禁錮刑を下しました。 被告側弁護人はこのトマトの DNA は被告がこの温室建設時に食べたものであると主張しましたが、裁判官はその訴えを棄却、温室侵入方法が温室建設を熟知したものの犯行であることを示しているとしました。 #トマト AD 2019年4月16日 このウェブサイトについて AD.NL Hap uit tomaat verraadt inbreker bij kweker in ’s-Gravenzande Een hap uit een tomaat leidde de politie naar dakloze Jim B. (37) als inbreker bij de bekende kwekerij van de Gebroeders Zwinkels in ’s-Gravenzande. Daar verdwenen […]

詳しくはこちら

コーヒー抽出後の粉再利用

2019年4月12日 - コメントを残す

コーヒー抽出後の粉再利用 コーヒー抽出後の粉は産業廃棄物として年間500万キロが焼却処分されています。 Rotterzwam 社は有機質に富んだこの粉を毎月6トンを使用してヒラタケを栽培しています。 コーヒー抽出後の粉とヒラタケ生産後の栽培床は法的には未だに産業廃棄物で、土壌に還元することはできません。 そこで Rotterzwam 社は Wageningen 大学と共同でコーヒー抽出後の粉とヒラタケ生産後の栽培床が土壌に及ぼす影響と土壌改良剤として使用​​できるかを調査します。 #コーヒー豆 Wageningen Economic Research 2019年4月12日 WUR.NL WUR onderzoekt met Rotterzwam de effecten van koffiedik op de bodem In voormalig tropisch zwembad Tropicana in Rotterdam, inmiddels bekend onder de naam BlueCity, zitten tientallen bedrijven die bezig zijn met de circulaire economie, waaronder het bedrijf Rotterzwam. Rotterzwam […]

詳しくはこちら


前のページ  次のページ