CRISPR-Cas についてリスクではなく持続可能な園芸、農家の利益について議論すべき

2019年5月21日 - コメントを残す



CRISPR-Cas についてリスクではなく持続可能な園芸、農家の利益について議論すべき
5月20日に開かれたCRISPR-Cas 討論会で Wageningen 大学 John van der Oost 微生物学教授は CRISPR-Cas 法は従来の育種技術よりも安全であると述べました。従来の化学物質や放射線照射による突然変異誘発はトマトの場合、無作為に1000万〜2000万塩基に影響を与え、その安全性を確認する方法はありません。一方 CRISPR-Cas 法は狙った20〜30塩基を切断し、それが成功したか確認できます。
Rathenau 研究所のMichelle Habets 氏は CRISPR-Cas 法 により耐病性育種が進み、持続可能な園芸が可能となり大企業による寡占が防げ、農家の利益にもなると語りました。
#CRISPR-Cas #ゲノム編集
Wageningen UR 2019年5月21日

RESOURCE.WUR.NL
Debat over CRISPR-Cas: focus niet alleen op risico’s
CRISPR-Cas is veiliger dan traditionele veredelingstechnieken, stelde John van der Oost tijdens het Resource-debat over CRISPR-Cas op 20 mei in Impulse. Maar focus niet alleen op risico’s, maar ook op wat de techniek bijdraagt aan duurzaamheid en boeren, reageerde Michelle Habets.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *