Dijksma氏 Monsanto による Syngenta 買収に危惧

2015年8月4日 - コメントを残す



経済省長官 Sharon Dijksma 氏は Monsanto による Syngenta 買収に危惧を覚えると言いました。「世界の食糧供給が多国籍企業に支配される可能性があり、農家、消費者の選択肢が犠牲になり、世界の食料安全保障のために否定的な結果をもたらす恐れがあります。」衆議院における 動物愛護党 Esther Ouwehand 氏の質問に答えました。
Dijksma 氏は買収許可取得過程を説明、これが欧州連合の次元で行われる場合、オランダのカルテル警察ACM は関与出来ないと言いました。カルテル警察ACM は長官の要請を受け、強制的に審議出来る権限を持っています。Dijksma 氏は当局による司法審査を進めることを表明しました。
Groenten en Fruit  2015年8月4日付訳
Syngenta の本社はスイスですが、育種会社としてはオランダ、Enkhuizen が拠点です。オランダ政府は買収に反対です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です