EU法ではCRISPR-Casの実験の余地なし

2018年11月5日 - コメントを残す



EU法ではCRISPR-Casの実験の余地なし
農業・自然・食品品質(LNV)Schouten 大臣は持続可能な農業のため、CRISPR-CASなど新しい育種技術を認めたいのですが、Kai Purnhagen 弁護士によれば現在のEU法では遺伝子組み換え植物と同等の複雑、高価、時間のかかる安全手順が必要なためほとんど可能性はないと述べています。欧州司法裁判所がこの夏、新しい育種技術は、遺伝子組み換え作物として扱われるべきであると判決を下したためです。一方欧州司法裁判所は2001年突然変異誘発技術は例外と認めているので、CRISPR-CASが例外と認められる可能性もないわけではありませんが、それまでは実験の余地もありません。
#CRISPR-Cas #遺伝子組み換え植物
Wageningen UR 2018年11月5日

RESOURCE.WUR.NL
‘Geen experimenteerruimte voor CRISPR-Cas’
Landbouwminister Carola Schouten wil experimenteerruimte voor CRISPR-Cas om sneller gewassen te kunnen veredelen. Mooi gezegd, maar die ruimte is er nu niet in de EU-wetgeving, zegt de Wageningse jurist Kai Purnhagen.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *