FloraHollandリストラと大型倒産で利益圧縮

2014年5月20日 - コメントを残す



FloraHollandリストラと大型倒産で利益圧縮
FloraHolland 2013年度の売り上げは45億ユーロでした。取扱量は減ったものの単価が上がったため2012年に比べて1.8%の増加となりました。一方、リストラ経費2200万ユーロ、建設用地の損失1000万ユーロ、年度初めに起きたCiccolella社、Florimex社大型倒産の悪影響のため、2013年度の赤字は740万ユーロまで膨れ上がりました。
栽培農家は競りより直接取引を好むようになり、その影響で手数料の低下がおこりました。その損益を賄いきれず、将来的な財政状態を改善するため2013年10月には200人にも上るリストラを行いました。変化し続ける市場に対応するためFloraHollandも変わらなければなりません。お客様と会員である栽培農家に明確な戦略を明らかにし、方向性を示すため’FloraHolland 2020’を始めます。最高経営責任者Lucas Vos「我々の戦略は『なぜ』から始まります。変化する市場に対応し、2020年までには利益を上げ、FloraHollandを強くするための戦略をここ数ヶ月のうちに発表できるでしょう。」
FloraHolland 2014年5月20日付 訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です