Floriade 2012、実は以前と変わりなかった

2013年11月30日 - コメントを残す



Floriade 2012、実は以前と変わりなかった
「Venloフロリアード2012終了後否定的なニュースが多かったが、結局900万ユーロの赤字のままで終わりました。Zoetermeer (1992) や Haarlemmermeer (2002) も損失を出したが、それにもかかわらず、地域に多くの肯定的な影響をもたらしました。」これがフロリアード調査委員会の結論です。
調査委員会は、損失自体を軽視はしないが、理解を示しました。五つの自治体Venlo、 Gennep、Horst aan de Maas、 Peel en Maas、Venray が設立した子会社の予算、訪問者数、経済的結果は以前のフロリアードと非常に似ていました。
これまでフロリアードを開催した4自治体のうち3自治体が再び2022年の開催へ立候補していることに調査委員会は注目しています。したがって財政赤字に固執することなく長期的な収益も考慮すべきだとも進言しています。
批判
それにもかかわらず、委員会はまた強く批判もしました。フロリアードの発起人であるオランダ園芸協議会の決定権は、危険を負わない組織としては大きすぎます。例えば、訪問者を増やすための開発、通信部門への追加投資を決めた2012年中旬の決定などです。
監査役会を含めて重要な役割を負った者たちは事態にうまく対応できませんでした。さらには異なる団体間での協力関係、特に自治体と財団理事会の間が取るに足らないものでありました。最後に組織はドイツからの訪問者数を推定80万、実数約60万と予測間違いました。
地方議会の社会党はこの報告書に失望しました。それはどこで間違いが起こったのか、誰がいつ責任を負っていたのか、どのように失敗したのか答えていないからです。社会党は地方議会調査会にてこの失敗の責任の所在をはっきりさせたいつもりです。
Bloemisterij 訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です