GreenCHAINgeがもう一度ケニアからの船便を計画

2013年10月11日 - コメントを残す



GreenCHAINgeは二度目のケニアからオランダへの船便によるバラの切り花輸送を計画しています。「一回目の試験は成功したが、一回では試験とは言えない」とVGB(花卸売協会)の Robbert van Willegen 氏は言いました。ケニアのモンバサから3週間閉ざされたリーファーコンテナーにて運ばれたバラの輸送試験は今月の初め行われた開花試験の結果により有望とされましたが、プロジェクト担当のvan Willegen 氏は過度の期待を戒めています。 van Willegen 氏によれば始めの試験は二度目の試験を予定するほど成功したものでした。いつ二度目の試験が行われるかはまだ未定で、GreenCHAINge でこれから相談します。この輸送試験はWageningen 大学 Food & Biobased Research、VGB(花卸売協会)、 Flowerwatch、KFC(ケニア花評議会)、Maerskの協力のもと Dutch Flower Group (DFG)、 FleuraMetz、Hilverdadeboerと現地の栽培農家との共同事業です。
Bloemisterij 10月11日付 訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です