Kas als Energiebron 15の新しいプロジェクトが表彰される

2020年11月26日 - コメントを残す



農業・自然・食品品質省(LNV)と温室プログラム評議会(KijK)は Kas als Energiebron の新しいプロジェクトを表彰しました。
*新しい二酸化炭素源
畜産農家のバイオリアクターから生産されるCO2を園芸用に使えるかどうかを検証する。
*矮化剤を使わない鉢植えの省エネ照明
カランコエのエネルギー効率の良い栽培方法を探究、矮化剤の使用を低減する。
*外気からのCO2回収
外気からのCO2回収実現可能性と最適技術の検索。
*熱と淡水の地下貯蔵
蓄熱システムと貯水システムの最適かつ持続可能な利用。
*CO2を制限した冬用温室での夏期栽培
キュウリ高架栽培で慣行より低いCO2の投与で慣行と同じ生産量を目指す。
*ズッキーニ低CO2排出、低農薬栽培
ズッキーニの春・秋栽培において低CO2排出、低農薬栽培方法を見つける。
*脱化石燃料栽培
イチゴ、フリージア、ポタンスリウム、ガーベラの無化石燃料栽培を実証。
*イチゴ無化石燃料栽培
持続可能なイチゴガラス温室無化石燃料栽培の定義。
*植物負荷の測定と制御
花卉への負荷の概念を調査・測定し、省エネの可能性を探す。
*チューリップ花飛び最小化
チューリップ花飛び感受性の要因を明らかにする。
*トマト化石燃料を使わない LED 栽培
100% LED を使い、潜熱回収だけで同じ生産量を得る。
*エネルギー消費を最小限に抑えたLED照明下でのユリの栽培
無化石燃料栽培が可能かどうかも調べる。
*鉢物気候中立栽培
エネルギー効率の良い栽培方法を検索。
*パプリカ周年栽培は収益性があるか?
パプリカの無化石燃料栽培に向けての栽培戦略。
*持続可能な完璧なバラ栽培
バラの無化石燃料栽培が実際の商業生産に適応できるか?
#オランダ園芸 #新プロジェクト
Kas als Energiebron 2020年11月26日
Nieuwe projecten voor Kas als Energiebron gehonoreerd – Kas als Energiebron
KASALSENERGIEBRON.NL
Nieuwe projecten voor Kas als Energiebron gehonoreerd – Kas als Energiebron

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です