LED、今は高いが普及は時間の問題

2015年9月28日 - コメントを残す



LED、今は高いが普及は時間の問題
「LED照明の普及は時間の問題です。原価は過去5年間で半減し、照明効率も向上しています。現時点での年間コストはSON-T照明に比べ、まだ50%高くなっています。」これが生産者園芸技術開発(TTO)によるプロジェクト「照明進路」第一段階での結論です。プロジェクト「照明進路」は農家、供給先、金融機関へ照明の現状と未来を正しく伝え、洞察力を提供することです。関係者への調査で明らかになったことは、LED照明についてまだ不明な点が多くあることです。農家が多くの情報を得、より良い選択が出来ように、情報は開放されなければなりません。LED照明採用の側面、照明設備に対する融資に知識の欠如が見られました。
この研究により以下の問題点も明らかにされました。*LED原価は過去5年間で半減し、照明効率も向上しています。大規模な採用は時間の問題です。*micromol当たりのコストはSON-Tの4~5倍です。* LED は SON-T より 36% 効率的なため、年間コストはSON-T が LED より50%高くなります。
プロジェクトは継続されます。
Kas als Energiebron 2015年9月28日付訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です