Monsanto Crispr法を使い甘いイチゴを育種

2018年3月29日 -



Monsanto Crispr法を使い甘いイチゴを育種
Monsanto 社は Pairwise 社と共同で1億2500万ドルを掛け遺伝子編集 Crispr法を使い、甘く日持ちの良いイチゴを育種します。両社は2028年には店頭に並ぶことを目指しています。 DuPont社は同様な遺伝子編集 Crispr法を使い4年以内に新しいトウモロコシを作ると発表しています。
遺伝子編集 Crispr
Business Insider 2018年3月29日

コメントは受け付けていません。