Overijsselのユリ球根栽培者は自然と住民のために行動します。

2016年12月16日 - コメントを残す



Overijsselのユリ球根栽培者は自然と住民のために行動します。
オランダのユリ球根栽培者は農薬の使用を減らし、持続可能な園芸を目指し、努力を続けています。12月7日Overijssel議会にて KAVB(球根生産協会)が表明しました。球根生産業界は2014年行動計画「健康的な球根、咲き誇る業界」を衆議院で発表しました。その中で土壌、有機防除、綺麗な水質を地域住民と共有することを目指しています。2015年には化学土壌燻蒸剤をやめ、マリーゴールドを栽培することが法的に可能となり、現在では数百haの栽培があります。Ctgb(農薬許可局)は農薬の見直しをし、住民の安全を再確認しています。
KAVB(球根生産協会)2016年12月16日

KAVB | Lelieteelt neemt maatregelen voor omwonenden en natuur
De Koninklijke Algemeene Vereeniging voor Bloembollencultuur (KAVB) is de branchevereniging van de bloembollensector
KAVB.NL|作成: E-VISION.NL, THE NETHERLANDS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です