Phalaenopsis の低温期は赤色光で置き換えられる

2015年4月28日 - コメントを残す



Phalaenopsis の低温期は赤色光で置き換えられる
Wageningen 大学の研究によればPhalaenopsis の低温期19°CはSON-Tランプ(赤色)と22℃の温度で置き換えられることがわかりました。Phalaenopsis の花芽分化には8週間の低温期が必要です。オランダでは周年栽培されるため夏期の冷房費が問題となります。大量の赤色光を当てることにより fytochroom Bが活性化、頂芽優勢が低減、花芽分化が促進されることが分かりました。栄養成長と花芽分化の境界を知るためにさらなる研究が必要です。
Energiek2020 2015年4月28日付訳

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *