Rabobank ワールドポテトマップを発表

2019年3月25日 - コメントを残す



Rabobank ワールドポテトマップを発表
Rabobank は世界の生鮮ジャガイモ、種イモ用ジャガイモ、冷凍ジャガイモの貿易の流れを示すワールドポテトマップを発表しました。貿易量は2017年の世界のジャガイモ生産量3億8,800万トンの7%と、ごく一部です。
種イモ用ジャガイモ:欧州内でのフライドポテト品種の需要増加と中東および北アフリカからの需要増加によってオランダからの輸出は増加しました。
生鮮ジャガイモ:主に近隣で取引されます。エジプトと中国で地元産の生鮮ジャガイモが増えました。
冷凍ジャガイモ:オランダ、ベルギー、カナダ、米国からの輸出で80%を占めます。フライドポテト、ポテトコロッケ、ロスティの輸入量は、南アメリカ、中東、アジアの国々での消費増加により、ここ10年で410万トンから710万トンに増えました。
#世界のジャガイモ貿易
Rabobank 2019年3月25日
1898806_Rabobank-Potato-Map-2019_DIGITAL.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です