SON-TとLEDの組み合わせで光利用効率が向上

2015年9月21日 - コメントを残す



SON-TとLEDの組み合わせで光利用効率が向上
特別に調整されたSON-TとLEDの組み合わせで7.2%~9%光利用効率が向上しました。これはWageningen大学とPlant Dynamicsとの共同研究によるものです。2014-2015年の冬Kas als Energiebron と Valoya の資金援助のもと、バラAvalanche+を使って栽培試験が行われました。実験には103 µmol を発生するSON-T と 57 と 103 µmol を発生する二つのValoya社の LED lamp G1が使われました。このランプはバラ専用に SON-Tの補助電源として開発されたものです。対照区として191 µmol のSON-Tが使われました。SON-TとLEDの組み合わせた区では7.2%~9%光利用効率が向上し、エネルギーの節約が期待されます。光合成、気孔開閉、葉色、芽の温度、葉の温度など測定されましたが、はっきりした効果は発見されませんでした。他の品種でも同じ結果が得られるにか、青色を増やしたら、または赤外線を増やしたら花が大きくなるのか、草勢がコンパクトになるのか、光合成量に変化がおこるのか、更なる実験が必要です。
Kas als Energiebron 2015年9月21日付訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です