Spinoza 受賞者John van der Oost 氏「地球上の生命は全て遺伝子組み換え生物」

2018年9月19日 - コメントを残す



Spinoza 受賞者John van der Oost 氏「地球上の生命は全て遺伝子組み換え生物」
John van der Oost氏はゲノム編集におけるCRISPR-Casの研究で、オランダ科学界の最高賞スピノザ賞(Spinoza Prize)賞金250万ユーロを受賞しました。この賞金を基にDNAを切断する物質をさらに開発する予定です。また彼は中高校生向けに遺伝子組み換え生物(GMOs)に関する議論を復活させたいと考えています。
「地球上の生命はDNAの減数分裂と複製を介して世代を重ねます。この複製の際に乗換えが発生し、DNAの断片が組み換えされます。遺伝子組み換えは自然界で非常に頻繁に起こる現象です。それは自然の進化の源です。その意味で私たちはすべて遺伝子組み換え生物なのです。」
#遺伝子組み換え生物 #ゲノム編集
ここまで言い切れるとは流石です。
Wageningen University & Research 2018年9月19日

WUR.NL
Spinozawinnaar John van der Oost wil gmo-discussie aanwakkeren
Microbioloog John van der Oost gaat zijn Spinozapremie van 2,5 miljoen euro gebruiken om meer gereedschap te ontwikkelen om DNA te knippen. Maar hij wil met het geld ook de discussie over gentechnologie op middelbare scholen aanwakkeren.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *