Syngenta 種無しパプリカで特許を取得

2015年10月30日 - コメントを残す



Syngenta 種無しパプリカで特許を取得
Syngenta は種無しパプリカの特許を取得したと欧州特許登録に開示されました。この特許は種無しパプリカ全体に掛かるものではなく特定の種無し機能のみに掛かるものです。この機能をこれから使おうとする育種家は特許料を支払わなければなりません。この特許は2009年に申請、今年の9月に取得されました。2012年 Syngenta は世界初の種無しパプリカ Angello を発表、同年のFruit Logistica Innovation Awardを獲得しました。
hortidaily 2015年10月30日付訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です