Tomato brown rugose fruit virus (ToBRFV) Westland で確認

2019年10月21日 - コメントを残す



Tomato brown rugose fruit virus (ToBRFV) Westland で確認
Carola Schouten 農業、自然、食品品質省大臣はNVWAからの調査報告に基づいて衆議院へ「Tomato brown rugose fruit virus (ToBRFV)が Westland で確認されたこと、疑わしい農家がさらに発見されたこと」を報告しました。
NVWAの報告書によれば10月1日に2.8ヘクタールの温室で8%の植物体に症状が見つかり、DAS-ELISA検査、生物学的検査、リアルタイムPCR検査の結果、10月17日ToBRFVと断定されました。同時に Pepino mosaic virus (PepMV) も発見され、二つのウィルスによる感染と思われます。現在この感染経路を調査しています。この温室は現在厳しい衛生対策が課されています。
苗生産会社
オランダはToBRFVの感染国となったため、オランダのトマトとパプリカの苗生産会社は厳しい追加要件が適用されます。
種子会社
オランダの種子会社は販売前にすでにウイルス検査をしているので影響は限定的です。
#Tomato brown rugose fruit virus #ToBRFV
とうとう感染してしまいました。トマト農家への視察はもう不可能です。
官報 2019年10月21日
https://www.rijksoverheid.nl/…/kamerbrief-over-vondst-virus…
NOS 2019年10月21日
https://nos.nl/…/2307083-zeer-besmettelijke-tomatenziekte-a…

RIJKSOVERHEID.NL
Kamerbrief over vondst virus bij een tomatenteler
Minister Schouten informeert de Tweede Kamer over vondst virus bij een tomatenteler.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です