Van der Arend RosesでLED実験

2014年12月23日 - コメントを残す



Van der Arend RosesでLED実験
今冬バラ栽培農家Van der Arend RosesとValoya が共同で大規模な LED の実験を行います。目標は調整された波長を上手く使い 25% のエネルギーを節約することです。LED だけを使用すると電気代は節約できるものの暖房費は増えるため SON-Tと LEDの「ハイブリッド」を使います。Valoya はSON-Tランプ(黄色)からの光波長を補完するLEDランプ(赤色)(タイプG1)を開発しました。このハイブリッド波長は植物体の生育バランスに良く、自然光との調和も良いものです。昨年の実験では収量が 5.3%増加、電気代が 30% 削減できました。今年の実験は 90 m2 の実験区を三つ設け、SON-T のみ(200 mmol / m2s)、SON-T 100 mmol / m2 s とLED 100 mmol / m 2 s 、SON-T 100 mmol / m2s と LED 50 mmol / m 2 s で照射が行われます。KG Systemsが設備を提供、Wageningen大学により実験が行われます。
Wageningen大学 2014年12月23日付訳

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *